コインチェック口座開設マニュアル【画像つき】

コインチェック口座開設マニュアル

こちらの記事ではコインチェックの口座開設の手順を解説していきます。

 

コインチェック

 

ボクもコインチェックを利用していますが、取引画面がとても操作しやすいし、できる取引の種類や通貨の種類も豊富なので大変満足しています。

口座開設から取引までの流れを一通り解説していきますので、この記事一つで大体わかると思います。

【事前準備】

①こちらから登録画面を開いておきましょう。

»コインチェック
 

 

②本人確認書類を用意しておきましょう(いずれか1点)

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

コインチェック口座開設①アカウント登録

アカウントの登録方法

最初に、コインチェックの公式サイトからアカウントの登録を行います。
 
アカウントの登録方法は、
・メールアドレスで登録する
・Facebookで登録する
 
この2つの方法があります。
 
メールアドレスで登録する方法で解説していきます。
 
 
 
アカウントの登録方法
 
 
 
入力欄にメールアドレスとパスワードを入力して新規登録を押します。
 
そうすると、メールアドレスの確認画面に移り、登録したメールアドレス宛てに確認メールが届きます。
 
 
 
アカウントの登録方法
 

メールを確認する

 

届いたメールを開いて、記載されたリンクをクリックしましょう。

 

 

メールを確認する

 

 

メールを確認する

 

 

リンク先でメールアドレスの確認を行ったらアカウント登録は完了です。

もし、メールが届かない場合は迷惑メールに届いていないか確認してみて、それでも届いていなかったら「もう一度送る」で再送信しましょう。

 

ログインする

アカウントの登録が完了したのでコインチェックの公式サイトに戻りログインボタンから「取引アカウント」を選んでログインしましょう。

先程のメールアドレスとパスワードを入力してログインができます。
 
 

コインチェック口座開設②本人確認書類

 

本人確認書類を提出する

 
ログインすると「本人確認書類のご提出をお願いします」という表示がでているので、その下の「本人確認書類を提出する」を押して、本人確認書類の提出をしていきます。
 
 
本人確認書類を提出する
 
 
まず、電話番号認証を行います。
 
自分の携帯電話の番号を入力して、「SMSを送信する」をクリックすると入力した番号宛てにSMSが届きます。
 
 
 
本人確認書類を提出する
 
 
 
そのSMSに6桁の番号が記載されているので、その6桁の番号を「送信された認証コード」の欄に入力して「認証する」をクリックします。
 
 
次の画面で「本人確認書類を提出する」をクリックすると各種重要事項を確認する画面が出てくるのがすべて確認したあとに「同意します」にチェックを入れて「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします。
 
 

IDセルフィー画像のアップロード

次の画面では、個人情報の入力画面が出てくるので、
  1. 種別
  2. 氏名
  3. カナ氏名
  4. 性別
  5. 生年月日
  6. 居住国
  7. 郵便番号
  8. 住所
  9. 職業
  10. 利用目的
 
を入力します。
 
このあとに提出する本人確認書類と同じ内容を入力してください。
 
つぎに、「IDセルフィー画像」といって身分証と自分の顔を一緒にカメラで撮ってアップロードします。
 
 
 
IDセルフィー画像のアップロード
 
 
そして、さらに本人確認書類の写真もアップロードします。
  • パスポート(顔写真と住所のページ)
  • 在留カード(表裏)
  • 特別永住者証明書(表裏)
  • 運転免許証(表裏)
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
 
ピントがずれていたり、光が反射していたりして本人確認書類の内容が読み取れないような写真の場合は、再提出することになるので確認をしてから提出しましょう。
 

無事、提出が完了したらあとは、コインチェックからハガキが届くのを待つだけです。

 

コインチェック口座開設③ハガキ受け取り

ログインする

2~3日するとコインチェックからハガキが届きます。
 
このハガキを受け取ることで住所の確認が完了します。
 
ですので、このハガキを受け取った時点ですべての登録が完了ということになり仮想通貨の取引が行えるようになります。
 
まず、コインチェックのアプリをインストールしましょう。
 
 
 
 
Coincheck-ビットコイン リップル 仮想通貨へ投資
Coincheck-ビットコイン リップル 仮想通貨へ投資
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted withアプリーチ
インストールが完了したらアプリを立ち上げてログインをします。
 
 
左上にアイコンをからメニューを開いて「ログイン」を押します。
登録したメールアドレスとパスワードを入力します。
 
 
そうすると、画像認証の指示がでるので指示のある画像をすべて選択して「確認」を押します。
 
新しい端末からのログインということで登録したメールアドレス宛てに確認のメールが送られてきます。
 
 
送られてきたメールを開くとリンクが記載されているので、リンクを開いて再度ログインします。
 
 
ログインをするともう一度メールが送られてくるのでそのメールも確認してリンクをクリックして開きます。
 
 
これでアプリからのログインの認証が完了しました。
 
 

コインチェックの動画もチェック

ここまでが口座開設の一連の流れです。
 
コインチェックが公式の動画も公開していますので文章だと分かりづらい方は動画でもご確認いただけます。
 
 
 

コインチェック口座開設後

コインチェックでできること

コインチェックで口座開設を完了したら、コインチェックでできることを確認しましょう。
コインチェックでできるサービスは以下の通りです。
 
  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の送金
  • ビットコインの売買
  • アルトコインの売買:コインチェックではビットコインの他に10種類の仮想通貨銘柄を取り扱っています。
  • ビットコインの取引:販売所と取引所の違いはこちらの記事で解説していますのでよかったら呼んでみてください。»仮想通貨取引所と販売所の違いを解説!
  • ビットコインでの決済:ビットコインでの支払いに対応している店舗やネットショップの送金先アドレスを読み取ることでビットコインでの支払いが可能です。
  • ビットコインのレンディング:自分の保有しているビットコインをコインチェックに貸し出すことで利息を受取ることができます。年率5%なのでなかなか良い金利ですよね。銀行の定期預金に入れておくよりお得。
  • ビットコインの積み立て:毎月一定額(1万円から)を設定して自動で仮想通貨の積み立て投資が行えるサービスです。これはドルコスト平均法という投資手法を自動化したものですね。
  • 公共料金の支払い:コインチェックでは電気とガスの供給も行っており、料金の1~7%がビットコインとして還元されるプランと日本円より安くビットコインで支払うプランの2つがあります。
 

入金をする

仮想通貨の取引を行うにはまずコインチェックの口座に日本円を入れる必要があります。
 
コインチェックにログイン後に「入出金」をクリックすると入金方法の選択画面がでてきます。
 
入金する方法は以下の3つです。
  1. 銀行振込
  2. コンビニ入金
  3. クイック入金
 

銀行振込

一番スタンダードな入金方法です。
入金手数料が唯一無料です。ネット銀行ならスマホアプリで操作できるので一番おすすめの方法です。
仮想通貨取引をするなら住信SBIネット銀行が一番おすすめです。
 

コンビニ入金

電話番号とメールアドレス、入金金額を入力し、コンビニの一覧がでてくるのでコンビニの種類を選択します。
企業コードや注文番号、支払金額が記載された画面が出てくるのでスクショしてコンビニの店頭で見せて支払います。
支払い後すぐに反映されます。
 
 

クイック入金

名前の通り、入金が即反映されます。ただし、24時間経過しないと連続してクイック入金ができないのと、入金した金額分の出金・送金・振替が入金日から7日間できなくなります。

クイック入金の流れはペイジー(Pay-easy)を利用して入金をします。ペイジーが対応している銀行であればネットバンキングからできます。

 

コインチェック口座開設まとめ

手順をおさらいします。
  1. コインチェック公式ページを開く
  2. メールアドレスとパスワードを登録
  3. 個人情報を入力する
  4. 本人確認書類をアップロード
  5. ハガキを受け取る
 
これがざっくりとまとめた手順です。
コインチェック

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です