仮想通貨投資のメリットまとめ【10種類の投資と比較】

ひきこもりのお金

「仮想通貨投資を始めてみたいけど、他の投資とどう違うのか知りたい」と思っていませんか?


この記事では、仮想通貨投資を他の10種類の投資と比較して仮想通貨投資にはどのようなメリットがあるのかをまとめました。


実際に、ボクは脱サラしたくてブログや仮想通貨投資などの副業を始めてみて、投資に関して全くの初心者ですが完全独学で仮想通貨で少しずつ利益を生んでいます。



仮想通貨投資は2種類の方法で稼いでいます。
1つが、仮想通貨FX。
もう1つが現物取引。
 
仮想通貨FXでおすすめなのは、

現物投資なら、
ですね。



結論から言うと、仮想通貨投資は投資の中でも稼ぎやすく初心者も参入しやすいと思っています。


この記事を読むことで、
  • 仮想通貨投資のメリット
     
  • 仮想通貨投資で稼ぐ方法
     
  • 仮想通貨投資のリスク
 
を知っていただくことができます。


仮想通貨投資の種類まとめ

仮想通貨投資の種類まとめ

「仮想通貨FX」

FXと聞くと外国為替を思い浮かべるかと思いますが、仮想通貨にもFXが存在します。

FXの特徴といえばレバレッジ取引です。

 

レバレッジ取引とは、自己資金の数十倍の金額の取引ができる取引の方法です。


儲かる可能性が高くなる反面、損失のリスクもその分高まるのが特徴です。


現在のBitcoinの価格が1BTC=100万円ほどなので、例えば1万円を預けて10倍のレバレッジをかけたとします。


そうすると、0.1BTC(10万円分)の取引ができます。


100万円が101万円に上昇すれば1000円の儲けですが、99万円に下落したら1000円の損失になり、自己資金は9000円になります。


レバレッジは、日本国内なら最大25倍まで、海外の取引所なら100倍のレバレッジをかけられる取引所も存在します。



夢があり、その反面リスクもある。これが仮想通貨FXの特徴です。


国内の取引所では、»GMOコインが仮想通貨FXで人気ですね。

ボクも利用していますが、初心者でも扱いやすい操作画面で助かっています。



海外では、»BitMEXがレバレッジ100倍かけられることで有名ですね。

レバレッジが大きいほどやはり利益をだすのが難しいです。
ただ、夢はありますよね。


操作画面が初心者のボクには難しく感じました。
Googleで調べればすぐに操作方法を解説している記事がでてくるので、覚えればすぐに慣れます。


「仮想通貨 現物取引」

現物取引は、実際に仮想通貨を購入したり売却したりして利益を得る方法です
仮想通貨を売買するためには取引所や販売所で取引をする必要があります。


 
現物取引では、割りと長期的に保有して利益を得ることが多い印象があります。
「ガチホ」と呼ばれてたりしますよね。


短期間で売買取引をしても資金が大きくないとあまり大きな利益が狙えません。


というのも、1週間とかの値動きでは、あまり大きく変動しないからです。(たまに大きな一時的な変動はありますが)


半年や1年とか、もしくはそれ以上の期間での価格の変動を狙って利益を出します。

実際に、ビットコインでいうと2017年の初めは1BTC=10万円ほどでしたが、同年の12月頃には200万円ほどに上昇しました。
 
約20倍ですよね。


1万円分ビットコインを購入していたとしても20万円になって19万円の利益になるということです。


丁度、2017年~2018年というのは仮想通貨バブルといわれる時期で特に価格の変動が大きかったですが、今でもこのような価格の変動は続いていますし、ビットコインだけでなく他のアルトコインでも100倍、1000倍とかの価格変動は起きています。


このように仮想通貨を安く購入して高く売る、みたいな取引を現物取引といいます。
 
国内では、»Coincheckが最も取り扱っている通貨の数が多く、初心者にも人気です。


ちなみにですが、ボクはイーサリアムとリップルをCoincheckで購入して保有しています。


「仮想通貨レンディング」

レンディングという言葉はもしかしたらあまり聞いたことがないかもしれませんね。

英語の意味のとおり、「貸す」ということです。
つまり、仮想通貨を貸し出す取引のことです。


どういうことかというと、自分の保有している仮想通貨を取引所などに貸し出して、利息を得るという方法です。

 
お金を貸すという行為に日本人はあまり良いイメージを持っていないですが、投資方法としてすでに多くの方が始めています。


では、どのくらいの利息がもらえるのか。
»Coincheckでは、最大年率5%の利息を受取ることができます。
 


銀行にあずけておいてもせいぜい0.01%とかなので、それと比べるとかなり高金利ですよね。


お金を貸すとなるともちろん貸し倒れなどで返ってこないというリスクがありますが、Coincheckほどの国内でも大手の取引所であればそういったリスクはかなり低いと思います。


しかもCoincheckはマネックスグループの子会社という安心感もありますよね。


仮想通貨と10種類の投資を比較してみた

仮想通貨と10種類の投資を比較してみた

「投資の種類」

仮想通貨投資の他に投資は以下の10種類があります。

  1. 株式投資
     
  2. 国債
     
  3. 社債
     
  4. 投資信託
     
  5. ETF
     
  6. 不動産投資
     
  7. REIT
     
  8. iDeCo
     
  9.  
  10. FX
 
 
もちろんどれが一番良いと決めるのは正直難しいですが、今回の判断基準は「少額で」「利益を狙える」「リスクの低い」投資方法というのを評価基準に考えたいと思います。


まさに理想的な投資ですが。。。
仮想通貨投資の種類は、仮想通貨FX・現物取引・レンディングの3つと比較してみます。


「投資方法の比較と評価」

評価の見方ですが、「資金」は評価が高いということは「資金が多く必要」、「収益性」の評価が高いと「大きな収益を見込める」、「リスク」の評価が高いと「損失の可能性が高い」という意味になります。

総合評価は高ければ高いほど「少額資金で大きな収益を期待できリスクも低い」という意味になります。

株式投資の評価
資金
(4.0)
収益性
(5.0)
リスク
(4.0)
総合評価
(2.5)

国債の評価
資金
(5.0)
収益性
(1.0)
リスク
(1.0)
総合評価
(2.0)

社債の評価
資金
(5.0)
収益性
(2.0)
リスク
(1.0)
総合評価
(2.0)

投資信託の評価
資金
(3.0)
収益性
(2.0)
リスク
(3.0)
総合評価
(2.0)

ETFの評価
資金
(3.0)
収益性
(2.0)
リスク
(3.0)
総合評価
(2.0)

不動産投資の評価
資金
(5.0)
収益性
(3.0)
リスク
(4.0)
総合評価
(1.5)

REITの評価
資金
(1.0)
収益性
(2.0)
リスク
(2.0)
総合評価
(3.0)

iDeCoの評価
資金
(1.0)
収益性
(1.0)
リスク
(1.0)
総合評価
(3.0)

金の評価
資金
(3.0)
収益性
(2.0)
リスク
(2.0)
総合評価
(2.5)

FXの評価
資金
(3.0)
収益性
(4.0)
リスク
(4.0)
総合評価
(2.5)

仮想通貨現物取引の評価
資金
(1.0)
収益性
(3.0)
リスク
(2.0)
総合評価
(3.5)

仮想通貨FXの評価
資金
(2.0)
収益性
(5.0)
リスク
(4.0)
総合評価
(3.0)

レンディングの評価
資金
(4.0)
収益性
(2.0)
リスク
(2.0)
総合評価
(2.0)


「総合評価」

やはり、こうやって比較するとわかりますが、損失リスクはそこそこ高いものの大きく儲ける可能性も秘めており、少額資金でもはじめられる、仮想通貨現物取引が投資として魅力的なのではないかと思います。


投資なので資金が多けれ多いほどリターンも大きいですし、リスクも抑えられますが、仮想通貨の場合、少額の資金に対してのリスクは低いわりに大きなリターンが狙えるので、総合的に考えると優秀かなと。


仮想通貨投資ならCoincheckが万能

仮想通貨投資ならCoincheckが万能

「仮想通貨投資はCoincheckから」

これから仮想通貨投資を始めるなら»Coincheckで取引を始めるのをおすすめします。


理由はシンプルに、総合的に良いから。
というか、万能ですね。


 
操作画面、取り扱っている通貨数、取引方法のバリエーションなど国内取引所の中でも1位です。


もともと、取り扱っている通貨の種類は国内最多でしたが、さらに11月12日から「ステラルーメン」という通貨も新たなに取り扱うようになり、この通貨を取り扱っているのは国内では»Coincheckだけです。


さらにレンディングや積立投資もできるようになり、国内取引所でずば抜けています。


Coincheckと聞くとコインチェック事件を思い出すかも知れませんが、ピンチをチャンスに変えるとはまさにこのことですね。


超大手マネックスグループに入り、セキュリティ面や技術面で大きくレベルアップして見事復活しました。


Coincheck独自の動画もたくさんYou Tubeであげており、仮想通貨の知識を学ぶことにも貢献しています。
 
 

Coincheckで取引をする

「Coincheckの口座開設の方法」

Coincheckの口座開設方法はかなり簡単で、2~3日で口座が開設されて取引ができます。


まず、Coincheckにアクセスして口座開設をするをクリックして手続きを始めます。


個人情報を登録して、本人確認書類(運転免許証)をアプロードしたら、Coincheckからハガキが届くのを待つだけです。


「Coincheckに入金する」

Coincheckに日本円を入金して仮想通貨を購入したりするわけですが、入金方法は、「銀行口座」、「ペイジー」、「コンビニ」といった方法があります。


 
Coincheckのアプリをインストールしてアプリで操作したほうがわかりやすいです。

 
入金方法の中でも反映されるのが早いのはネット銀行からの入金かペイジーでの支払いです。
銀行の場合は、銀行の取り扱い時間内であれば数分で反映されます。


ペイジーの場合も数分で反映されます。
入金が反映されたのを確認したら実際に仮想通貨を購入してみましょう。


ボクは初心者でチャートすらまともに見れなかったのでなにも考えずにすぐに購入してしまいました。


口座開設したから早く取引したい!という衝動に駆られますが、チャートの見方や購入タイミングなどは調べてからのほうが良いかも知れません。


 
また後日、有益な情報が得られるブログやツイッターなどを紹介する記事を書きます。(今週中を目標に)


仮想通貨投資のメリットまとめ

繰り返しになりますが、やはり仮想通貨投資はおすすめです。


特にボクみたいに資金ないけど投資を勉強して脱サラを目指したい、みたいな人には特に。

理由をまとめると下記、
  • 少額の資金であればリスクは低い。
     
  • 少額の資金の割りに大きなリターンを狙える。
 
 
おまけですが、ボクは現物取引と仮想通貨FXを両方やっています。


現物でいくつかの仮想通貨を保有しつつ、BitMEXで少額資金ハイレバレッジで大きく儲けようなどと企んでいます。


もちろんテクニカル分析など勉強しながらですが。
 
仮想通貨FXをやるのであれば、
海外のハイレバレッジでリターンを求めるなら「BitMEX」


その他の仮想通貨投資は万能な「Coincheck」
 
これで決まりです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です