仮想通貨の稼ぎ方まとめ|仮想通貨って稼げるの?

ひきこもりのお金

こんにちは、みつおです。

「仮想通貨で稼ぐには一体どんな稼ぎ方があるの?」

といった質問にお答えします。

 
この記事では仮想通貨の稼ぎ方についてまとめました。
 
仮想通貨とは一体なんなのか概念がわからないと稼ぎ方のイメージも持ちづらいと思います。
 
 
仮想通貨の基礎知識も含め、仮想通貨での稼ぎ方を紹介していきたいと思います。
 
この記事の読者像
・仮想通貨で稼ぐ方法に興味がある。
・仮想通貨についてもっと知りたい。
・副業を探している。

 

仮想通貨はこれからどんどん発展していきます。
稼ぐ方法の一つとして、知識だけでも身に付けておいて損はないはずです。

 

 

仮想通貨にある程度理解をしておくことで世界経済の動きや
未来などをイメージしやすくなると思います。

 

 

仮想通貨の稼ぎ方の種類

仮想通貨の稼ぎ方の種類
まずは、仮想通貨の稼ぎ方の種類から紹介していきます。
 
仮想通貨の稼ぎ方は大きく3つあります。
 
▼仮想通貨の稼ぎ方の種類

 

  1. 仮想通貨FX
  2. 現物取引
  3. レンディング(貸仮想通貨)
 
 
一つずつ解説していきます。

 

1. 仮想通貨FX

FXと聞くとドルなどの外国為替での取引を連想すると思いますが、ある意味では仮想通貨も外貨といえば外貨なのでFX取引ができます。

 

仮想通貨FXは稼ぎ方の中でもハイリスクハイリターンではありますが、やり方次第ではリスクを抑えることも可能です。
 
 
元からデイトレードなどで経験を積んでいる方なら問題ないかと思いますが、初心者が参入するならしっかりと勉強をして、少額からスタートしたほうが良いです。
 
 
さらにFXには「レバレッジ」というものがあり、自分が持っている自己資金の何倍かの金額で投資をすることができます。
 
 
 
例えば、10万の自己資金を入金し、レバレッジを4倍にするとしたら、40万円分の取引ができることになります。
 

日本国内の取引所ではレバレッジが最大4倍ですが、海外の取引所だとレバレッジが100倍までできたりします。

有名な海外の取引所でいうとBitMEXやByBitが主流です。

ボクみたいに資金が全然ない人でも1万円あれば100万円分の取引をすることができて、利益をあげることができれば1万円の利益を一日で生み出すこともできます。

 
なので、
・仮想通貨FXはハイリスクハイリターン
・海外取引所なら少資金で大きく稼げる
 
 
ボクもFX初心者で仮想通貨FXを始めましたが、デイトレードしている友人に
テクニカル分析のやり方など教えてもらいながら始めたので、「楽しく」FXをやることができています。
 

 

仮想通貨FXなら『GMOコイン』がおすすめの取引所です。
トレードに特化したアプリの機能がかなり高性能で高評価です。

 

2.現物投資

現物投資

仮想通貨の稼ぎ方の中でも一般的で初心者が参入しやすい稼ぎ方です。

 
仕組みはシンプルで、日本なら日本円でビットコインを購入し、ビットコインの価格が上がったら売ってその差額を利益として儲けるという方法です。

初心者におすすめする理由は、
・保有期間が中長期的なのでリスクが少ない。
・専門的なトレード知識やスキルは必要ない。
・少額資金でも購入することができる。
 
この3点です。

ちなみに過去のビットコインの価格は約0.2円でした。(2010年)

そこから9年後の現在では約100万円まで値上がりしています。
 

この時にビットコインを購入して今売っていたらとんでもない金額になっていますよね。

これは極端な例ですが、このように価格の変動がまだ安定していないのでチャンスもありますし、リスクもあります。
また、よく言われている「ドルコスト平均法」という方法で積立式に投資をしていくのもありですね。
簡単に説明すると、毎月決まった金額を積み立てていくという方法です。
 
例えば、毎月5000円ずつビットコインを購入していくといった感じで、年間にしたら6万円分購入することになります。
これを一度に6万円分投資するのではなく、毎月といった感じで分散することで損失する確率を抑えるという方法です。

なので、初心者が現物取引を行うのであれば余裕資金で取引をすれば、万が一のリスクも抑えることができます。
あとは、仮想通貨に関するニュースなどもよくチェックしておくと良いと思います。

 
このブログでは、毎週月曜の朝に仮想通貨に関する一週間分のニュースをまとめ記事にしているので、チェックしておくと良いと思います。

仮想通貨ニュース 仮想通貨ニュースまとめ(’19年10月20日~26日)

初心者に圧倒的な人気を誇るのが『コインチェック』です。
取り扱い通貨数が国内最多、シンプルな操作画面などで大人気です。

3. レンディング

レンディングという言葉はあまり馴染みがないかもしれませんね。
 
レンディングとは、自分の仮想通貨を貸してその利息をもらうことで儲ける方法です。
すでに仮想通貨を持っており、使ったり取引したりする予定がない人はやってみてもいいと思います。
 
レンディングはローリスクローリターンな方法です。

 
レンディングの良いところは貸すだけでいいので「楽」です。

 
チャートをチェックしたり、情報をチェックしたりする必要がありません。
リスクとしては、仮想通貨を貸した取引所が倒産した場合ですね。
 
実際にどんな状況で取引所は倒産するのか、と気になると思うので倒産したケースを紹介します。

 
一つはハッキングなどの被害によるものです。

誤解して欲しくないのが「ハッキング被害」=「倒産」ではありません。
実際、過去にハッキングを受けたコインチェックは今でも残っています。
倒産した大きな事件として有名なのはマウントゴックス事件です。

2014年2月に85万ビットコインが消失し、当時の社長のマルク・カルプレス氏は逮捕され会社も破綻しました。
もう1つ倒産の要因となるものは、金融庁からの指導で取引所が廃止となるケースもあります。
金融庁が指導する内容は主にセキュリティ面がしっかりとされていないと、マネーロンダリングなどに使われる可能性があるのでそういった取引所は廃止命令が出たりして倒産したりします。

取引所が倒産するようなリスクは確率としては高く有りませんが、しっかりとレンディングする
取引所のことは調べてから行ったほうが安全です。
 
リスク管理ができていれば安心してレンディングで利益を得ることができます。
 

仮想通貨デイトレードは稼げるのか?

 仮想通貨デイトレードは稼げるのか?
稼ぐ方法の一つとして仮想通貨デイトレードについて解説します。

ボクも今これをやっており、まだまだ勉強中ですが、とてもおもしろいです。
 
デイトレードの手法と仮想通貨について学んでいくと世界の見方が変わってきますね!
それほど仮想通貨には魅力があるし、デイトレード自体とても楽しいです。
しかし、デイトレードにはチャンスもリスクも存在するので挑戦するにはしっかりと資金管理や投資手法などを学んでから挑戦することをおすすめします。

1.仮想通貨デイトレードの特徴

そもそもデイトレードってなに?ってところなんですが、デイトレードは仮想通貨だけでなく株やFXなどの投資方法の1つです。

 
「デイ」トレードなので1日単位で取引をすることを言います。

 
ですので、短時間で価格変動の大きい仮想通貨はデイトレードに向いているといえます。

ビットコインでデイトレードをする場合のメリットは、
・24時間365日取引が可能。
・1日の価格変動が大きい。
主にこの2つです。
1つ目は株の場合ですと、9時~15時の間しか取引ができません。またFXですと土日が取引ができないです。
 
しかし、仮想通貨の場合、そういった時間的制限がなく、深夜でも早朝でも土日でも取引が可能です。

なので、専業のデイトレーダーでなくても会社員でも帰宅してからとか、土日の休みの日だけとかの取引も可能です。
もう1つの価格変動が大きいというメリットですが、価格変動が大きということはその分大きな利益を狙うことができます。

しかし、これは逆に大きな損失を生む可能性もあるのでメリットだけではありません。
次に仮想通貨デイトレードのデメリットです。
・大きな損失を生む可能性がある。
・出来高が少ない。

この2つです。
大きな損失を生む可能性があることは先程の価格変動が大きいという理由で説明したとおりです。
出来高が少ないという意味は、取引されている量が少ないということです。

ビットコインのような主軸通貨はある程度取引がされていますが、そこまで有名ではない通貨なんかは出来高が少ないためチャートの動きが読みにくかったりします。

メリットとデメリットはこんな感じです。
 
魅力を感じるところもあれば、リスクを感じるところもありますね。
 
まさにハイリスクハイリターンです。

仮想通貨デイトレードの特徴はこのように、他のデイトレードと違って価格変動が大きいのが大きな特徴ですね。

 
市場や業界の動きもまだまだ不安定ではあるので、ニュースなんかもよくチェックしたほうがよさそうです。

2.仮想通貨デイトレードに向いている人

仮想通貨デイトレードに向いている人

仮想通貨デイトレードに向いている人というか、デイトレードに向いている人というふうになると思いますが、

まずは、自制心がある人が大前提だと思います。
 
というのも、デイトレード自体、勝率が1割と言われています。
つまり10回やって9回は負けます。
それでも利益を出している人というのは勝率が高いのではなく、
9回の負けの損失を最小限に抑えているからです。
これができるのは、ちゃんとした投資手法とメンタル管理ができているからです。

例えば、パチンコなどで散々負けているのにもう少し回せば当たるはず、と根拠もない想像から追加で1万、2万と注ぎ込む人いますよね。
投資手法を持っていたとしてもその手法を守れるメンタルがないと、利益を追い求め自分の妄想を追いかけるようになります。
 
その場合、確実に破産することになります。

 
なので、仮想通貨デイトレードは価格変動が大きいし、「億り人」という一攫千金的なイメージもあるのでなおさら、自制心の強い人向けだと思います。
 

それでも挑戦したい人は瞑想とかやってメンタルを鍛えるといいかもしれませんね。

3.仮想通貨デイトレードを初心者がやるなら

もし、仮想通貨デイトレードを初心者がやるなら、というかボクもまだ初心者なんですけど、、

まあ、初心者のボクが初心者なりに気をつけていることやデイトレード経験者によく言われることは、

「直感でやらない」
「負けることを想定すること」

この2つです。

「直感でやらない」というのはチャートを見てなんとく「上がりそうだから買う!」みたいな、

要はギャンブルみたいなやり方ですね。

デイトレードにはテクニカル分析というやり方があるので、基礎知識だけでも勉強したり「インジケーター」と呼ばれる、分析するのに役に立つツールが何種類もあります。

 
そういったものを活用しながら、「ここがこうだから、上昇する可能性がある」みたいに理由付けを行った上で挑戦すれば、負けても「振り返り→改善」ができて少しずつ上達していきますよね。

 
もう1つの「負けることを想定する」というのは、さきほど言ったように勝率は1割です。なので、90%負けます。

どのように負けるか、を考え予想することで損失を最小限に抑えることができます。

 
これを軽視すると資金を失ってデイトレードがができなくなる、という事態になります。

ボクも最初ちゃんと勉強しようと本を買ってみましたが、本だけではイマイチ知識が身につかない気がしたので、You Tubeの動画も毎日見るようにしています。
最初は用語とかがわからなくて理解できませんでしたが、流し見だけでも続けていると段々とわかるようになってきます。
ボクが参考になった動画を貼っておくので、初心者の方は見ておくと良いと思います。

仮想通貨デイトレードは勉強にもなるし、楽しいし、やってみる価値はあると思います。

しかし、他のビジネスとかでも同じように「絶対儲かる」なんてものは存在しないので、

基礎知識を身につけて、コツコツやるということを守ったほうがリスクはないと思います。

仮想通貨の種類比較

仮想通貨の種類比較
仮想通貨の稼ぎ方をある程度紹介しました。
次に仮想通貨の種類やその特徴の比較、稼ぐならどの通貨が向いているかなど解説していきます。
仮想通貨には「時価総額ランキング」というものもあり、ランキングを見ているだけでも面白いです。
仮想通貨の種類を全部紹介するとなると数千種類にもなってしまいますので、日本で取引ができる主要な仮想通貨を紹介します。
 
 

1.仮想通貨の種類

世界に存在する仮想通貨の種類は2000種類以上あると言われています。

そのすべての仮想通貨を購入することができるわけではなく、日本のビットコインやGMOコインなどの日本の取引所は、この種類しか取引できない、みたいな制限があります。

また、通貨によっては、ビットコインじゃないと購入できないものもあります。
なので、日本円→ビットコイン→アルトコインみたいな手順じゃないと購入できません。

ちなみに「アルトコイン」とは、ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びます。
 
▼仮想通貨の種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • ファクトム
  • ネム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
 
 
 
などがあります。
色んな銘柄があり、なにが違うのかとか似たような名前もあり混乱すると思います。
 
簡単に違いを説明すると、
・価格の違い。
・開発者の意図。
・機能性の違い。
価格の違いでいうと
1BTC(ビットコイン)=約100万円であるのに対して、
1XEM(ネム)=約4.5円です。

価格の差に大きな違いがあります。
開発者の意図も大きな違いです。若干、機能性の違いとも重なる部分はありますが、多いのが送金速度の違いです。

あとは、スマートコントラクトと言われる契約を自動化できる仕組みを搭載していたり、様々であり今でも仮想通貨は進化し続けています。

 
仮想通貨に詳しくなったら、海外の取引所を利用してもっと色んな仮想通貨で取引していみるのもアリですが、
まずは、日本の取引所で仮想通貨に慣れてからにしたほうがいいです。
先程の仮想通貨の特徴や名前は覚えておくようにしましょう。

2.稼ぐならどの通貨?

どの通貨が稼げるか、というのは誰もが気になることだとは思いますが、

この通貨なら稼げるというのはだれにもわからないです。
ただ、どの通貨が人気があるとか、伸びていく可能性があるみたいなのはgoogle検索すると結構でてきます。

 
その情報だけ鵜呑みにするのも良くはないと思いますので、そういった情報と普段の仮想通貨ニュースを見て判断すると良いと思います。

2019年10月29日現在で、注目されている仮想通貨は以下です。
・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
 
ビットコインは「サトシ・ナカモト」という謎の人物がネット上に論文をあげたことで生まれた仮想通貨で、最初に誕生した仮想通貨です。
今現在、最も時価総額の高い仮想通貨です。

 
次にイーサリアムです。カナダ人のヴィタリック・ブテリンというプログラマーが開発した仮想通貨です。

 
ヴィタリック・ブテリンは20歳のときにイーサリアムをリリースしたというからビビりますよね。完全な天才児です。

そして、そのイーサリアムですが、時価総額ランキングは2位です。

スマートコントラクトという機能が初めて実装された仮想通貨でもあり、今後の発展に注目を集めています。

次が時価総額ランキング3位のリップルです。

リップルは送金速度が速いことと手数料の安さが特徴です。

SNSを眺めているとリップルの将来性に期待している人は結構多いです。

仮想通貨の中でも注目度は高いですね。

どの仮想通貨が稼げるかといよりかは、どの仮想通貨が注目されているかみたいなトレンドを掴むことは、稼ぐことに繋がるとは思います。

今紹介した3つの仮想通貨は世界的にも注目度が高いのでチェックしておくべきですね。

3.その通貨のファンになる

これは、稼ぐとは直接関係ないかもしれませんが、自分の好きな仮想通貨を見つけるのもいいと思います。


仮想通貨のロゴデザインやネームだったり。

ボクの場合だと、イーサリアム開発者のヴィタリック・ブテリンという人間に興味があり、イーサリアム推しになっています。

ちょっとしたファンみたいになることで、これからの仮想通貨の進展を応援できたりして、非常に楽しいです。

ちなみに、イーサリアムは2020年にイーサリアム2.0という大型アップグレードがあるので、ちょっとしたイベント感覚で楽しみにしています。

 

このように、仮想通貨の開発者や企業について知ることでさらに仮想通貨業界に面白みが持てて、仮想通貨投資をより一層楽しいものにさせてくれたりします。

 

仮想通貨の稼ぎ方まとめ

仮想通貨はまだまだこれから進展してくと思います。

たまに、「仮想通貨は消える」みたいなことを聞いたりネットで見たりしますが、正直、海外の仮想通貨業界の動きを見ていると仮想通貨が今更消えるなんて考えられません。

日本に入ってくる海外の情報が遅いのと情報量が少ないというのもあり国内での仮想通貨の理解はまだまだ低いと思います。

 
世界ではどんどん仮想通貨の実用化が進んでいます。

まだ「怪しい詐欺通貨」みたいに思っている人は、情報がかなり遅れているので正しい情報で知識を身につける必要があると思います。

で、タイトルの最終的な結論ですが、仮想通貨で稼ぐことは可能です。
しかし、「一攫千金」というイメージを持つのはやめましょう。
稼ぐためには必要な基礎知識はしっかりと見に付けることが大切です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です