仮想通貨とは?超初心者向けにわかりやすく解説

仮想通貨とは?わかりやすく解説

こんにちは、みつおです。

 

今回は、仮想通貨についてわかりやすく解説していきます。

 

この記事の読者像

・存在は知っているけど一体なんなのかわからない。

・なんとなく知ってるけど、詳しく知りたい。

・仮想通貨を使った投資を考えている。



ビットコインとか、暗号通貨って言葉は聞いたことがあるという人は多いかもしれませんが、その実態や仕組みを正しく理解している人はまだ少ないと思います。


 

ボクもそうでしたが「仮想通貨」って怪しいものみたいな印象しかありませんでした。

 

しかし、世界ではすでに仮想通貨のATMが5000台以上すでに設置されていてどんどん普及していっているんです。

 

「よくわからない」では「まずいぞ」と思い仮想通貨について学び始めました。

 

これからブログを通してボクが学んだ仮想通貨の情報を記事にしていきたいと思っています。

 

この記事では、仮想通貨とは一体なんなのか、超分かりやすく基本的な部分を解説します。


この記事を読み終えると、

・仮想通貨の基礎がわかる。

・仮想通貨の活用方法がわかる。

・仮想通貨の将来性がイメージできる。

(1)仮想通貨とは?

仮想通貨とは?

1-1.仮想通貨の仕組み

仮想通貨とは、デジタルのお金です。

 

なので、仮想通貨で買い物もできるし、投資や運用もできます。

 

普段、ボクたちが使っているお金との決定的な違いは、物理的に存在するかしないかです。

 

日本で使っているお金なら「円」ですよね。

 

「円」には、1円玉や100円玉、500円玉といった「硬貨」や、

千円札、一万円札のような「紙幣」があります。

 

しかし、仮想通貨には硬貨や紙幣は存在しません。

すべてデジタルでやり取りされています。

 

もう1つの特徴が、国などによって管理されていないということです。

 

「円」や「ドル」などの通貨は国にある中央銀行がお金の管理をしています。

 

どのような管理をしているかというと、

・紙幣などのお金を発行する。

・民間の銀行にお金を貸したり回収したりしている。

・政府のお金を管理している。

 

このような管理をすることで、物価や金利を調整して国が貧乏にならないようにしています。

 

しかし、仮想通貨にはこのようにお金を管理する組織がありません。

 

管理する組織を置かないことで様々な「手間」を省くことができます。



仮想通貨はデジタルでやり取りをするのでそれぞれのコンピュターネットワークに管理や記録を分散させています。

これを「ブロックチェーン」呼びます。

 

ここでは、ブロックチェーンというシステムを使って仮想通貨が使われていて、使ったお金の記録をみんなのネットワークに記録を残していくというイメージだけで大丈夫です。

 

記録をみんなが管理していたら「なんか危なくない?」と思いますよね。

 

仮想通貨に使われているもう1つの技術が暗号技術です。

 

これも簡単に説明すると仮想通貨の情報や記録が解読されないように超複雑な計算で暗号化することによって安全性を保っています。

 

なので、仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれたりします。

 

以上のことをまとめると、

仮想通貨とは、国による管理がないデジタル上の通貨ということになります。

 

どこの国のお金でもない、デジタルワールドのお金です。


1-2.電子マネーとの違い

デジタル上の通貨というと電子マネーもありますよね。

 

しかし、電子マネーと仮想通貨は全くの別物です。

 

その理由は、電子マネー=日本円(日本でいうなら)だからです。

 

例えば、Suicaのなかに3,000円分のチャージがあるとします。これは、ドルでもなければ1Suica、100Suicaでもないですよね。

Suicaの中に入っているのは3,000円という日本円です。

 

ですので、3,000円という紙幣もしくは硬貨を電子化しただけということです。

 

つまり、Suicaは電子的な財布です。

 

だからSuicaの中身は日本円なのでブラジルで支払いをすることはできません。

 

仮想通貨の場合、1BTC(ビットコイン)は世界中どこの国でも使えます。円でもドルでもない一つの通貨だからです。

 

さきほども言ったように、デジタルワールドのお金です。

 

もう1つ別の世界が誕生し、そっちの世界で使われているお金っていうイメージですね。

 

その別の世界で使われているお金が現実の世界でも円やドルと同じように価値を持ったお金として使えますよっていうことです。

 

1-3.仮想通貨の種類

ちなみに、「ビットコイン」や「仮想通貨」という言葉をつかってきましたが、その違いについて説明します。

 

仮想通貨の種類の1つがビットコインです。

 

数え方は、1BTCと表記し、1ビットコインと数えます。



その他にも仮想通貨にはたくさんの種類の仮想通貨が存在します。

 

・イーサリアム

・リップル

・ネム

・ライトコイン

・モナコイン

などほかにもたくさんあります。

 

それぞれの違いには、決裁速度が早かったり、通貨そのものにプログラムを書き込めるものもあります。

 

通貨によって得意なことやちょっとした特殊能力みたいのがあったりします。

 

そして、仮想通貨の種類によって価値も変わります。

 

(2019年10月26日現在)

・ビットコイン→1BTC=約104万円

・イーサリアム→1ETH=約2万円

・リップル  →1XRP=約32円

 

例えばこの3種類の仮想通貨ですが、価値にものすごい差がありますよね。

 

9年前の2010年の頃のビットコインの価値は1BTC=約0.2円でした。そこから上がり下がりを繰り返しながらこの9年間で約10,000,000倍の価値になっています。

 

もし、9年前に1万円分のビットコインを購入していたら1,000億円に化けていました。

 

もはや恐ろしいですよね。。

 

でもこれで、数万円が数億円になって「億り人」と呼ばれている人たちもいます。

 

夢のある話です。

 

これだけの価値の振り幅があるので、まだまだ仮想通貨には様々な可能性がありますよね。

 

(2)仮想通貨の使い方とは?

仮想通貨の使い方とは?

2-1.仮想通貨のメリットとデメリット

仮想通貨を所持して活用する上でどのようなメリットやデメリットがあるのか説明します。

 

メリット

・個人間で送金ができる。

・手数料が安い。

・制限がない。

 

順番に解説していきます。

・個人間で送金ができる。

普通、お金を送金する場合は自分の銀行口座から送金先の銀行口座だったり、現金をATMから送金先の銀行口座に送金したりしますよね。

 

仮想通貨の場合、銀行などを介さずに送金をすることができます。

 

例えば、自分のスマホから送金先のスマホへと直接送金が可能です。

 

しかし、これだと「ネットバンキングと変わらないじゃん」、「スマホン銀行アプリでもできるよ」と思われるかもしれませんが、その違いが以下の2つのメリットです。

 

・手数料が安い。

銀行を介さずに個人でのやり取りなので手数料がかからないか格安になります。

特に海外送金の場合、銀行だと手数料がけっこうかかってしまいますが、仮想通貨だとかなり安く抑えられます。

 

・制限がない。

銀行での送金だと時間的な制限があったり、送金されるまでに時間がかかったりしますよね。

仮想通貨だと24時間365日送金が可能です。さらに送金される時間もかなり速いです。

仮想通貨の種類によって差はありますが、10秒~10分です。

 

銀行経由と比べてかなり速いですよね。さすが、デジタルです。



デメリット

・ボラティリティが大きい。

・送金手数料が高くなる可能性がある。

・国による補償がない。

 

これも一つずつ解説していきます。

 

・ボラティリティが大きい

これは、暴騰暴落の可能性が高いということです。

さきほどのように数万円が数億円になるような夢のようなお話もあれば、逆のパターンもあります。

価格変動が大きいので、損失も大きくなるというリスクがあります。



・送金手数料が高くなる可能性がある。

さきほどのメリットと矛盾しますが、送金手数料も円ではなく仮想通貨の価格ですので、ビットコインの場合だと0.001BTCです。

現在のビットコインの価値が約100万円ですので、手数料は1,000円ということになります。

国内の送金なら日本円での送金のほうが手数料は安いですよね。

ちなみにリップルという仮想通貨の場合だと、手数料が0.15XRPなので、手数料は約5円です。

 

仮想通貨の種類によっても手数料が変わってきます。




・国による補償がない。

日本の場合は、銀行が破綻してしまった場合、1000万円まで補償されます。

しかし、仮想通貨の場合、管理している組織がないので万が一のときの補償がありません。

 

可能性の大きい仮想通貨ですが、リスクもまだあります。


2-2.多彩な活用方法

仮想通貨の活用方法は主に以下の3つがあります。

・資産運用

・決済

・寄付

 

資産運用として仮想通貨の活用方法は、例えば日本円でビットコインを購入し、びとコインの価値があがったときにビットコインを売って日本に戻す、その差額を利益とするFXのような方法もあります。

先程説明したように価格変動が大きいのでリスクもあります。

 

次に決済として活用方法です。

一部の企業では電気料金などの公共料金の支払いに仮想通貨を使うことができます。

その他にもビックカメラや飲食店、サロンなどでも仮想通貨での支払いが可能です。

国内でも徐々に仮想通貨で決済できる店舗や企業が増えてきています。

 

3つ目が、寄付です。

熊本地震のときは仮想通貨での寄付を受け付けていました。赤十字への寄付やクラウドファンディングでの寄付も仮想通貨が利用できるようになっています。

 

このように仮想通貨の活用方法は拡大傾向にあります。

2-3.仮想通貨の可能性

仮想通貨の将来性については、専門家や投資家の間でも賛否両論あります。

 

仮想通貨がどんどんグレードアップして世界に広まっていくという声や安全性などのリスクについて懸念している声もあります。

 

このように様々な意見が飛び交っていますが、仮想通貨に関する情報を集めてみて肌感覚で感じるのは、仮想通貨の発展を期待している声や意見のほうが多く、納得できる内容ものが多い気がします。

 

なので、ボクも仮想通貨を学び仮想通貨の可能性を信じてみようと思いブログで記事を書くことにしました。

 

これからも様々な仮想通貨に関する情報や知識を記事として書いていこうと思います。

 

どうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です