人生の成功を手に入れる「毎日の習慣」行動一覧

人生の成功を手に入れる「毎日の習慣」行動一覧

こんにちは、みつおです。

今回は、成功を手に入れるために毎日習慣として取り組むべきことをまとめました。

すぐに取り組めるようになるべく具体的に解説していきます。

この記事の読者像

・将来のために努力を積み上げて行きたい人

・総合的に自分を高めたい人

・具体的にどんな習慣を身につければ良いか迷っている人



恐らくこの記事を読むであろう人っていうのは、これからなにかに挑戦をしようとしている人や、自分の人生をもっと経済的にも時間的にも自由な人生を手に入れたいと望んでいる人が多いのではないかと思います。

しかし、結局の所、宝くじでもあてない限り、成功への近道というのは日々の積み重ねしかありません。

それでは、具体的になにをどのように日々積み重ねるべきなのか知りたいところですよね。

大きく分けると、

・インプットの習慣

・アウトプットの習慣

・性能を向上させるための習慣

この3つの習慣を日々積み重ねていくことが大切です。

一つずつ解説し、具体的な取り組みを紹介していきます。

1.インプットの習慣

全ての始まりはインプットからです。

どれだけ多くのインプットをしているか、広く浅くのほうがいいです。

自動車でいうガソリンのようなものなので、インプットしたものがないとそこから発展させたり転用させることができません。

参考に「エドガーデールの学習法則」の図を載せます。

知識の定着の割合が示されています。

エドガーデール

これを日々の習慣にすることで飛躍的に自分を成長させ、成功へと近づくことになります。

まずは、より多くのインプットをする方法を解説していきます。

1-1. 読んでインプットする習慣

インプットの習慣

インプットと行ったら読書などのように「読む」ことを連想する方は多いと思います。

そのとおりで読むことはインプットの基本といってもいいでしょう。

「読み物」にはどのようなものがあるか、

・ブログ – NewsfyFeedly

・新聞 – 電子版もある

・本 – 翔泳社
 全国送料無料!IT書、ビジネス書、資格書が豊富なSEsho

・雑誌 – 週刊ダイヤモンド 
 
最大45%オフ!『週刊ダイヤモンド』送料無料&発売日にお届け

・SNS – Twitter

・電子書籍 – Kindle

・WEBメディア- NewsPicks

主にこの7つです。

読み物を習慣にする時間のポイントは、

・自分が運転ではない移動中(電車やバス)

・休憩中

・朝の出勤前

・帰宅後

・トイレ中(大)

時間が3分あるならすぐに読み物を取り出しましょう。

そのくらい小さなスキマ時間を積み重ねることでインプット量に差をつけることができます。

読書すべきビジネス書 稼げるようになりたい人が読むべき「おすすめビジネス書100選」

1-2. 聞いてインプットする習慣

聞いてインプットする習慣

聞いてインプットする方法もあります。

特に英語のリスニングの勉強には聞くことは効果的ですね。

「聞く」ためのツールは、

オーディオブック
 ※おすすめ

・ラジオ

・Podcast

などがあります。

手がふさがっているけど、耳は空いているときなんかは聞いてインプットすると効率的ですね。

ただ、その時の作業によっては作業に支障がでる場合もあるので要注意ですね。

どんなシーンに向いているか、

・考えなくてもできるルーティン作業中

・掃除中

・自分が運転での移動中(自動車や自転車)

・運動中

・食事中

聞くインプットはかなり多くのシーンで使用することができますね。

ただし、読んだり見たりできる時にわざわざ聞くインプットをしなくてもいいと思います。

それと上の方法とは別の「聞く」があります。

それは、人から聞くという方法です。

これは、一番インプット量が多いので優先度は高いです。

人に関心を持ってどんどん質問することで生の情報(その人の実体験)を聞くことができます。

1-3. 見てインプットする習慣

見てインプットする習慣

見てインプットする方法には主に動画やセミナーなどがあります。

 

・動画 – Udemy、You Tube

・スタディサプリ:ビジネス英会話 

>>業界初・オンライン特化型コーチスタディサプリENGLISH
(TOEIC対策コース)

などがあります。

 

「読む」と「聞く」の両方を併せ持っているのでインプット効率は高いです。

 

iPadやスマホを立て掛けるものがあれば視聴できるシーンも多くあります。

・食器洗い中

・入浴中

・自分が運転ではない移動中(電車やバス)

・ジムのランニングマシンなど

・テレビを見る代わりに

「ながら」であればわりと多くの時間を利用することができまね。

 

2. アウトプットの習慣

インプットしただけでは、正直なんの役にも立ちません。

知っていることを「できる」ようにならなければ意味がないので、インプットのあとのアウトプットが重要です。

アウトプットをサボっている人が多くいるので、ここの習慣は確実に身につけてほしいです。

2-1. 文章でアウトプットする習慣

文章でアウトプットする習慣


文章でアウトプットをすると視覚的に自分の説明文章が見えるので、自分のアウトプットの質がわかりやすくて改善をおこないやすいです。

文章でのアウトプットの方法は、

・ブログを書く

・SNSに投稿する

・メモ帳に書き起こす

があります。

ボクはこの3つとも全部実行することをおすすめします。

その理由は、この3つがそれぞれ特性が違うからです。

まず、メモ帳ですがアナログな方法ですが、デジタルで文章にするのとペンで紙に書き起こすのとでは思考の展開の仕方が違うので、なにか思考を展開したり発想させたいときはメモ帳に書き起こす方法をおすすめします。

そして、インプットしたことを本当の意味で理解するためにはだれにでもわかるように要約する必要があります。

それに適しているのがTwitterです。

文字数制限があるのでダラダラと長い文章を書くことはできません。

140文字以内で説明できるようにまとめなければいけないのがTwitterです。

Social DogというTwitter運用ツールを活用するとツイートの予約管理などもできて作業効率が上がります。

最後にブログですね。

ブログはしっかりと文章構成を考えて伝わりやすい内容を作る必要があるので総合的にスキルが身につきます。

ブログを習慣化させるメリット ブログを習慣化させるメリット「ブログは絶対にやるべき」

一つのことをこの3つに分けてアウトプットしてもいいと思います。

2-2.話してアウトプットする習慣

話してアウトプットするというと人に話すことくらいしか思い浮かばないかもしれませんが、意外と他にもあります。

・You Tubeで動画配信

・人に説明する

・Podcastで配信する

配信するというとハードル高く感じたり抵抗を感じる方が多いと思いますが、どれも無料で使えるものだし、他人が見るところへ配信するからこそ気持ちも引き締まります。

自分で動画撮影して自分のスマホの中にしか保存していなかったらまず継続しないですよね。

他人が見るから、ストレートな評価を受けます。

その評価を参考にすればアウトプットの質が低いということがわかるし、評価が上がればアウトプットの質も上がってきたということがわかります。

配信することにビビったらそこまでのアウトプットしか学べませんよ。

2-3. 実践でアウトプットする習慣

実践でアウトプットする習慣

実践でアウトプットするというと想像が難しいかもしれませんが、例えばプログラミングの勉強をしたとしたら実際にプログラミングのしごとを請け負って見るということです。

今では在宅で仕事を請け負うことはわりと簡単にできるので、

などがあります。

これらも自信がなくてもいいから挑戦してしまうことが大切です。

失敗を恐れていたら学ぶ機会を失いますし、できないことをやならなければいけない焦りが必死にできるようにと自分を動かしてくれます。

ここで止まらないようにぶち抜ける必要があります。

3. 性能を向上させるための習慣

最後の3つ目が性能を向上させる習慣ということですが、要するに自分のコンディションを最高の状態にするための習慣です。

集中力や思考力をいつでも最大限発揮できるように自分のコンディションを日々整えることで基礎能力の底上げにも繋がります。

3-1. 運動をする習慣

運動をする習慣

運動が脳に良いことはもう有名な話ですよね。

そして成功者のほとんどは運動を習慣に取り入れています。

運動は集中力や記憶力といった脳の性能を向上させることにも影響しますが、感情を安定させポジティブにするというメンタル面への影響もあります。

インプットとアウトプットの質を高めつつ、習慣として継続させるためには良質なメンタルを持つ必要性もあります。

成功者がランニングを日課にするワケ【脳にもたらす効果が凄すぎる】

3-2. 瞑想をする習慣

瞑想をする習慣

運動と同じくらいの効果を持っているのが瞑想です。

瞑想ももはやスピリチュアルだという考えはもうだいぶ古いですよね。

多くの大企業が研修や福利厚生に取り入れてその効果を実証しています。

今スグ実践!ヴィパッサナー瞑想のやり方解説!

瞑想にも集中力や記憶力、思考力といった脳の性能を向上させる働きもありますし、メンタルをポジティブにし安定させる効果もあります。

可能なら運動と瞑想は両方とも習慣化させたほうが効果はかなり大きいので、時間を作り出して両方習慣にしましょう。

3-3. 食習慣

食習慣

コンディション作りに最も重要なのが食習慣です。

とくに朝食はかなり重要で、その日一日のパフォーマンスに大きな影響を与えます。

おすすめは毎日同じ朝食に固定することです。

理由としては、朝はなるべく「選ぶ」という行動を減らして時間を作り出したほうが良いということと、高いパフォーマンスを発揮するのに良いと言われている食材はある程度決まっているので、わざわざ変える必要もないかなと思います。

とるべき栄養素はタンパク質と炭水化物です。

この2つはセットで取るようにしましょう。

ご飯、納豆、味噌汁の3点が結局のところ最強です。

「毎日の習慣」まとめ

習慣が途中で挫折する可能性が最も高いのが「6週間目」と言われています。

なんとか2ヶ月は継続させましょう。

2ヶ月継続が突破できれば週間が定着する確率があがるので、それまでカレンダーにチェックを入れたり、アクションごとにアラームを設定したりして習慣化の工夫をするといいですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です