人生を180度変えた6つの「掃除」習慣

掃除習慣


掃除が苦手でどうしても部屋が散らかっている状態で、たまにまとめて大掃除をするという生活をしていませんか?

 



実は、毎日小さな掃除習慣を身につけることは、部屋が綺麗に維持できるだけでなく、人生の流れも大きく変える力を持っています。

 

また、掃除習慣を身につけるためには、そのために使用するツール選びも重要です。

掃除習慣のために取り組むべき掃除方法とオススメのアイテムを紹介していきます。



この記事では、身につけると人生の流れを変えることのできる掃除習慣を6つ紹介します。

この記事を読み終えると、

・掃除すべきポイントがわかる

・掃除を習慣化するコツがわかる

・掃除の習慣で生き方が変わる

6つの掃除の習慣

01. 食器洗いのあとはシンク洗い

シンク洗いの習慣



食器を洗い終わったらシンクをそのままの状態で放置していませんか?

 

食器の汚れは落ちても、その汚れはシンクに付着しています。

 

それが溜まれば悪臭の原因にもなります。

 

食器を洗い終わったあとにシンクも一緒に洗いましょう。

スポンジでぐるっとシンクの中を磨き、

ついでに、排水口の中もサッと洗います。

最後は乾いた雑巾で水気を取ることで、綺麗な状態を維持しておくことができます。

 

〈オススメの食器洗い用のグッズ〉

・スポンジ

長持ちし、汚れもかなり落としやすいです。費用なりのパフォーマンス力は確実に持っています。

・洗剤

人気の商品だと思いますが、間違いなくこの洗剤が一番良いです。

02. 洗面台に水滴を残さない習慣



洗面台も日常生活では使う頻度が高く、汚れがたまりやすい場所です。

顔を洗ったり、ひげを剃ったり、歯を磨いたり人の清潔を保つ場所である反面、人から出た汚れを吸い取る場所でもあります。

 

洗面台も使ったら乾いた雑巾で水気を拭き取り、髪の毛なども取り除きましょう。

 

これも1分以内にできる作業です。

 

これを習慣にするだけでも、自宅内の清潔感は格段に上がります。

 

〈洗面台の掃除にオススメの洗剤〉

洗面台の掃除はこの洗剤がおすすめです。トイレ用ですが、便器のようなコーティングを作ることができ汚れがつきにくくなります。

 

03. トイレを綺麗にしておく習慣



トイレの蓋は常に閉めておくと金運が上がるとも言われてたりしますよね。

確かに蓋を閉めておくことは電気代の節約にもなります。

 

日々のトイレの掃除方法ですが、

トイレの掃除はトイレクイックルのようなシートで便座と便座の裏を拭き取るようにすることで常に綺麗な状態を保てます。

ついでに、トイレの床も拭いておくといいと思います。

 

トイレの床はホコリが溜まりやすいですし、毛や見えない汚れが付着していたりします。

 

便器の中は週2回ほどトイレ洗剤とブラシでこすることで黒ずみなどの汚れを落とすことができます。

 

ちなみに、男性の場合は座って用を足す事で汚れが広がりにくくなります。

 

最後にトイレを流したら、蓋を閉めておきましょう。

 

〈トイレ掃除にオススメのグッズ〉

日々掃除するなら間違いなく、このセットです。使いやすくちょっとした掃除に最適です。

04. 浴室を綺麗に保つ習慣

浴室を綺麗に保つ習慣



浴室は、家の中でも掃除がめんどくさいランキング1位、汚いランキング1位です。

毛がたまって悪臭を放ったり、カビが発生したりと多くの汚れが潜んでいます。

 

入浴の度に、スポンジで排水溝の中のパーツを掃除したり、冷水を撒いて湿気を取り除くことでカビの発生を防止することができます。

 

それと浴室に無駄に物を置いておくと汚れやすくなってしまいます。

 

浴室は、湿気が多いのですぐに汚れます。

なるべく物は最小限にして、掃除のしやすい環境にしておきましょう。

 

〈浴室掃除にオススメの洗剤〉

最近話題になったと思いますが、長く持ちますし、洗剤としてかなり優秀です。

05. 床は毎日掃除する

床は毎日掃除する



床はよーく見ると、ゴミやホコリ、髪の毛などが多く落ちています。床は毎日、掃除機をかけたりモップがけをしたりしたほうがいいでしょう。

 

床は自分が一番触れる場所であり、一番目にする場所なので、放っておくと気づかぬ内に汚れていきます。

そして、その汚れた環境に慣れてしまうと、掃除をするという意識が芽生えなくなってしまいます。

 

床を掃除することそういった意味でも大切なのです。

 

〈オススメの掃除機〉

掃除機をおすすめするならこの掃除機がベストです。ノズルが途中で折れるところやヘッドが光るところなど機能性が高いです。

06. 起きたらすぐにベッドメイキング

ベッドメイキング



ベッドは起きたらその場で畳んでベッドメイキングをしてから寝室を出るようにしましょう。

 

それ以外の時間だと寝室に行く機会は少ないですから、掃除をしようと思うきっかけも少ないです。

 

寝室は大事な睡眠を取るところなので、睡眠の質を少しでもよくするためには寝室の環境を良くしておく必要があります。

 

そのためにベッドメイキングを日々しておくことで、衛生的で綺麗な状態を保つことができます。

 

〈快適な睡眠を引き出すおすすめグッズ〉

掃除とは少し違いますが、最高の睡眠環境を作るのにはこのアイテムは欠かせないものです。

浄化・ヒーリング LUCAS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です