成功者が習慣を大事にするのはなぜか。「習慣化の意味とは」



だれもが「理想の生活」や「理想の生き方」を夢見て一度はそれを目指すはず。

しかし、夢叶わず諦める、もしくはずっと挑戦し続けている。

という人は多いのではないでしょうか?

 



実は、いくら様々なビジネスに挑戦してもその目標は今のままでは一生叶うことはありません。




なぜなら、あなた自身が成功するであろう人間になれていないからです。

 

この記事では、夢や目標を達成するためにはいかに「習慣」が大切かを解説していきます。


この記事を読み終えると、

・習慣の大切さがわかる。

・夢や目標を達成するための道筋が見えてくる。

・一日を自分でデザインする楽しみを知ることができる。


習慣化の意味とは、成功者が成功者になる理由

習慣の意味=「成長階段」

習慣化の階段



よく「成功者の習慣」と言ったりしますが、いきなり成功者と同じ習慣を同じように真似ることは難しいです。

 

なぜなら、習慣化できる習慣というものは今の自分のレベルに合ったものしか習慣化することができないからです。

 

そして、レベルがあがるとそのレベルになってできるようになる習慣がある。その繰り返しです。

 

階段のように一段ずつ登っていくイメージです。

 

その階段を登ることで達成したい目標を達成できる人物になることができる。

 

スポーツで例えると、最初は簡単な練習しかできません。サッカーならまずはボールの蹴り方から練習します。意識しないとできなかったことが、反復練習をすることにより、それが無意識でできるようになり、もっと高度な練習ができるようになります。

 

コーナーキックから飛んできたボールをシュートするというような練習などです。

 

初心者がいきなりこのような練習をしようとしても、練習になりません。

 

練習をひたすら繰り返すことで「プロ」になり、ボールを扱う練習だけでなく、メンタルケアの重要性や、体作りの重要性を感じ、日常的に自分自身のコンディションを整えておくことが習慣化されます。

 

このように習慣化を繰り返し、成長階段を登ることにより、そのレベルにしか見えない視点というものにたどり着きます。

 

初心者がいきなり、メンタルケアや体作りをしようとは思わないのが、そうゆうことです。

 

習慣化する⇒定着する⇒習慣がアップデートされる⇒定着する

 

この連鎖が成長の階段です。

 

習慣が生み出す必然とは

習慣化の必然



人生で起きる出来事の大半は必然だと思っています。

 

そして、その必然を意図的に作り出すことができるのが習慣であり、偶然を必然に変える力さえも持っています。

 

なぜなら、習慣は知識や健康だけでなく、運や心のあり方にも影響を与えるからです。

 

例えば、少し前に「あおり運転」がニュースで頻繁に取り上げられていましたが、あおり運転を常習的に繰り返している人が、自分の夢を叶え、幸せな生活を手に入れられると思いますか?

 

それは、なぜでしょう?

 

では、さらに深堀りして、あおり運転をするような人はどのような習慣を持っているでしょうか?

 

少なくとも「自己投資」になるような習慣は行ってはいないはずです。欲求や怠惰のままに生活をしているのではないでしょうか。

 

その習慣が、心や思考を濁らせ、間違った行動を生み出し、その結果が返ってくる。まさに因果応報です。

 

この一連の流れの根底にあるのが習慣なのです。


行動⇒習慣⇒性格⇒人生 という変化の流れ

習慣化の流れ



ある意味、習慣とは「単位」とも捉えられるかもしれないです。

 

なぜなら、思考や行動の蓄積が習慣となり、習慣の蓄積がその人の性格や人柄を作り出し、最終的にその人の人生を作り出すからです。

 

例えば、その日たまたま気分が良くて、自らトイレ掃除をしたとします。この日限りの行動であれば、それは単なる「行動」です。


しかし、次の日もトイレ掃除をして、さらに次の日も、その次の日も・・・・というように毎日続いたら、それは習慣になっていきます。

 

その習慣が定着したとき、あなたの性格や人柄にも影響を与えるでしょう。

 

当然のことですが、性格や人柄が変われば人生そのものも変化していきます。

 

習慣が与える影響の流れを理解しておくことだけでも、イメージが湧きやすいかと思います。


成功者が習慣にこだわる意味が理解できたら人生変わる

毎日が新鮮な一日になる

毎日新鮮



自分の夢や目標に沿った習慣をデザインすると毎日が新鮮で充実したものになります。

 

それは日々、自分の行動が自分のためであり、確実に夢や目標に一歩ずつ近づいているという実感があるからです。

 

特になにも考えずに生きることができてしまう世の中ですから、自分の考えで自分のために行動をしていることも少なくなってきます。

 

なので、意思決定のほとんどが「無意識に刷り込まれた義務感」で動いています。

 

そのような生産ロボットから「個」の意思を持つ人間へと変わることができます。

 

自分の習慣を見つめ直し、改めて習慣をデザインするということは、自分らしい生き方を手に入れることにも繋がります。


日々自分と向き合う



習慣化するためには毎日、自分のコンディションと向き合うことになります。

 

なぜなら、身体的な疲労や健康状態、メンタル面のストレス状態やモチベーションに関しても、自己管理をすることが習慣化の秘訣だからです。

 

自分のコンディションや生活リズムが崩れると習慣も崩れ、時間が過ぎていくだけの日常になってしまいます。

 

なので習慣化する力がついてくると自己管理能力も身についてきます。

 

自己管理能力を身につけていくと、自己分析も自然と進んでいきます。

 

こうした過程を経て、自分に合った習慣が作られていき、自分らしい人生が作られていきます。


アウトプットの活性化による圧倒的な成長が得られる

圧倒的成長



習慣とは完全に自分の意思です。

 

習慣化するためには新しい知識も必要ですし、自己分析も進んでいきます。

そのうえで、自分なりに習慣をデザインしていくわけなので、自分の頭で考えてアウトプットする力がついてきます。

 

習慣化も最初からうまくはいきません。三日坊主が続いたり試行錯誤を繰り返しながら、習慣化する力がついてきますので、かなりのスピードで成長することができます。

 

習慣化されるまでには、徹底的に自己分析し、習慣により蓄積された知識やスキル、習慣化するために必要な時間管理術、一日のイレギュラーな出来事も含め自分の行動を決定する判断力などが日々身についていきます。

 

それだけ習慣化することには成長するための材料が詰まっています。

 

習慣化ができるかできないかではなく、「習慣化」を学ぶという姿勢のほうが習慣化スキルが身につき、三日坊主からも卒業することができるはずです。

 

習慣化の意味まとめ

①習慣は成長の階段である。

②習慣は偶然や必然を作り出す

③行動⇒習慣⇒性格⇒人生という流れで作られていく

④習慣化で起こる変化

 ・毎日が新鮮になる

 ・自己理解が深まる

 ・時間管理術や判断力などのスキルが身につく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です