自在に習慣化する6つのコツ【人生を変える習慣化スキル】



健康のために運動をすることを習慣化させようとしたり、スキルアップのために勉強を習慣化させようとしたりして、結局続かずに終わってしまったという経験は誰しもありますよね。




実は、なにかを習慣化させるには6つのコツを知るだけで習慣化させることができるようになります。

 


私は、ニートや引きこもりの方の支援や調査、フリーランスの方の生活習慣のコンサルなどの仕事を本業として活動をしており、主に人の「習慣」にフォーカスして調査やコンサルといった仕事をしています。

 

この記事では、なかなか習慣化することができない人向けに習慣化する6つのコツをご紹介します。

この記事を読み終えることで、

・習慣化するためのマインドセットがわかる

・習慣化するためのスケジュール作りのコツがわかる

・習慣化するためにやめるべき習慣がわかる

 

結果的に習慣化するスキルが身に付けば、人生はいくらでも変えることができます。

 

なぜなら、習慣はあなたの「行動」や「思考」の積み重ねであり、

 

その積み重ねがあなたの人格を作り、人生を作ります。


習慣化のコツ|3つの柱

習慣化マインドセット

習慣化マインドセット



まず、習慣化するための基本的なマインドセットを解説していきます。

大きく2つあります。

 

①1つ習慣化するなら1つ習慣を捨てる。

②習慣は足し算(日々地道な積み重ねである)



習慣化するために必要なマインドセットはこの2つです。

 

1つ目は、当たり前ですが時間というものは有限であり、なにかを習慣化させるということはその習慣に時間を割くということになります。

お金で例えると少しわかりやすくなると思いますが、1,000円持っていて、買い物かごにすでに980円分のお菓子が入っているのであればあと20円分しかお菓子は買えないですよね。

 

時間も同じで一日24時間という時間を持っていて、すでに睡眠や仕事や家事などに時間を払い、さらにその他の細々としたことにも時間を払っているのなら、残っている時間しか習慣化のために使うことはできません。

 

無理なく習慣化させるためにはすでに買い物カゴに入ってる別の「習慣」を商品棚に戻し、余裕をもたせる必要があります。

 

もし、多忙な日々を過ごしているならなおさら、別の習慣を諦める必要がありますよね。



2つ目のマインドセットの「習慣は足し算」についてですが、

 

習慣化させる上で「焦り」は禁物です。ダイエットや勉強なんかだと、「結果」をすぐに求めがちですが、結果を意識すればするほど、習慣化は難しくなります。

 

地道に日々、「1」を足すことしかできません。習慣化すると決めたことを今日実行できたなら「1」が足され、明日も実行できればまた「1」が足されます。

 

これを積み重ねることでしか、50や100という大きな数字を得ることはできません。

 

それが習慣というものです。

 

それをしっかり理解し、長い目で見る必要があります。

 

言ってしまえば、人生には「運」や「チャンス」といったある意味「掛け算」が存在しますが、習慣の中で積み重ねた「1」がなければ、掛け算する機会が訪れてもさほど大きな数字(結果)にはなりません。

 

ましてや、それが「0」ならいくら掛け算しても「0」にしかなりませんからね。

 

そういった意味でも習慣化というのは人生において重要である、ということを理解しておくのも習慣化のマインドセットになりますよね。

 

習慣化するボリュームは少なく始める

習慣化のボリューム



習慣化したいものをスケジュールに入れる前に、ボリュームを考えましょう。

 

ボリュームというのは、ランニングだったら何分やるのか、何km走るのか、とかです。

 

いきなりランニングを一日10km走る、というノルマを習慣にしようとしても無理です。

 

なぜなら、先程の「足し算」の考え方でまだ、数字が溜まっていないのに高いノルマを設定しても続ける力がないからです。

 

まずは、1日1kmとか、10分とか絶対に達成できる低いノルマを設定しましょう。このノルマを継続して、少しずつゆっくりとボリュームを上げていきましょう。

 

ここでも焦りは禁物です。1kmに慣れてきたからといっていきなり10kmにするのではなく、2km、3kmと少しずつです。

 

距離ではなく時間でも同じです。

10分からなら、次は13分、15分みたいn少しずつ増やします。

 

習慣化する最初のモチベーションが高い人ほど大きなボリュームを設定しがちです。

 

達成したい高い目標へのモチベーションは結構ですが、達成計画はドライにいきましょう。


習慣化のコツはやっぱりスケジュール

習慣化のスケジュール


そして、なんといっても結局はスケジュールにコツはあります。

 

先程のマインドセットでも説明したように限り有る時間を使って習慣化させるわけですから、次はどこの時間を使うかが重要になってきます。

 

朝の出勤する前に時間?移動中の電車の中?休憩中?寝る前?

 

大体、使える時間が存在しているのはこの当たりだと思います。

 

このようにまずは、自分のスケジュールの中のどこに使える時間が存在しているかを把握しましょう。

 

いくつか時間の候補が出たら、そこの時間にはどのくらいの時間があるのか、10分なのか、30分なのか、1時間なのか、使える時間のボリュームを確認しましょう。

 

自分が習慣化させようとしている習慣はどのくらいの時間が必要なのか。



習慣化させたいものとマッチする時間帯が見えてきたら最終確認です。

 

そこの時間帯は「いつでも絶対に」使える時間なのか。

つまり、イレギュラーな予定が入ったりしてスケジュールの変更がされないか、ということです。

 

急な仕事が入ったり、上司に飲みに連れて行かれたり、突発的な予定が入りやすい時間帯に習慣化したいものを置くと、うまくいきません。

 

よく言われるのはやはり朝ですよね。

こうゆう意味ではイレギュラーなことは起きづらいですから。

 

以上のことをふまえて、習慣化させるものをスケジュールに入れてみましょう。



習慣化のコツ|断つべき3つの習慣



1つ習慣化させるなら1つ習慣を捨てましょう、と説明しましたがここでは捨てるべき習慣を解説していきます。

 

習慣化の邪魔となりやすいものを3つ紹介します。


習慣化の邪魔者① 「飲酒/喫煙」

喫煙



もしかしたら、かなり難易度の高い人もいると思いますが、飲酒と喫煙です。

 

喫煙は1本吸うのに大体5分かかりますよね。

 

一日一箱(20本)だとしたら100分タバコに使っています。

もし100分自由に就ける時間があったら簡単に習慣化できます。

 

とはいえ、タバコはまとまった100分間を使って吸いまくるわけではないと思う方もいらっしゃる思いますが、だからこそ良くないのです。

 

60分勉強をするとして、この60分の間に「タバコ吸いたいな」と思ったり、タバコ休憩を挟んだりすることによって集中力が途中で途切れます。これは非常に効率が悪いですよね。

 

タバコを吸っていない人であればこの時間は存在しないわけですから。

 

そして、飲酒についてですが、アルコールを飲んだ時点でそれ以降の時間は習慣化に適しません。

 

完全にアルコールのない生活をしなさい、だと厳しすぎるのでせめて習慣化したいことを実行してからにしましょう。


習慣化の邪魔者② 「SNS/スマホゲーム」



特に目的もなくスマホに手が伸びていることはありませんか?

もし、そうなら要注意です。

多くの時間を浪費している可能性があります。

 

SNSやスマホゲームをやっている人は多くいると思いますが、使い方次第でたちの悪い習慣になります。

 

特になにかを習慣化させたい時には大きな障害となります。

 

SNSやスマホゲームの場合、絶対といっていいほど時間通りに終わりません。

ちょっとのつもりで画面を開いたら30分、1時間と時間が経っていた、なんてことになります。

 

そうなると習慣化もなにもありませんよね。

 

極端ではありますが、これに該当する人はアプリごと削除しましょう。

 

SNSやスマホゲームは完全に習慣化スキルが身についてからでも問題はありません。


習慣化の邪魔者③ 「恋愛」



これが最も難しく、最も習慣化の邪魔者になりうる存在です。

 

恋は盲目と言いますが、まさにそのとおりで恋愛中の人にとって日常の中の優先度はその恋愛が最も高くなりがちです。

 

例え、夜の時間に勉強を毎日すると決めていても、好きな人から呼び出されたら勉強なんてするはずがないでしょう。

 

もしくは、付き合っている彼女がいたとしても、常にLINEをしている関係だったり、お互いが依存した関係にある場合なんかは、いちいちその時の関係性にモチベーションが左右されてしまいます。



恋愛することを全面的に否定するわけではないですが、お互いが自立した恋愛関係を築くことができないのであれば、恋愛を選ぶか習慣化を選ぶか、しっかり判断したほうがいいかと思います。


習慣化のコツまとめ

①習慣化するためのマインドセット

 ・1つ習慣化するなら1つ習慣を捨てる

 ・習慣は足し算

②習慣化するボリュームは少なく設定する

③習慣化するスケジュールは絶対に確保できる時間帯にする

④習慣化するために排除すべき習慣

 ・喫煙/飲酒

 ・SNS/スマホゲーム

 ・恋愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です