大量インプット!

図書館でタダ本を借りて大量の情報をインプットする、ということを書きます。

最近は、起業などに関することをインターネットで情報収集する頻度が増えて、なんか情報に振り回されている感じがしていました。

そんな時、iPadのKindleから電子書籍を一冊購入しました。
「しょぼい起業で生きていく」という本。
そしてこの中に、図書館へ行けば本はタダで読める、という記載があった。

まあ、図書館で本がタダで借りれることくらいは知っていました。
しかし、見落としていました。確かにあそこにはタダで借りれる本がたくさんある。

さっそく近くの図書館を検索して行ってみました。

最後に図書館に行ったのは学生の頃なので約10年以上前。
当時のイメージからするといかにも難しそうのつまらなそうな本しかないイメージ。
だからあまり期待はしていませんでした。

図書館に到着してジャンルごとに並んでいる棚を見て、ビジネスやIT、経済とかの島へ行ってみる。

品揃えが大変良い!!
「この本、買おうと思ってアマゾンで欲しい物リストに入れておいた本じゃん!」
とか、面白そうな本もたくさんありました。
かなり興奮気味に図書館のカード作成し、MAX10冊きっちり借りて自宅ですぐ読み始めました。

本屋さんで購入した本と図書館でタダで借りた本、どっちがいいか。

感想としては、図書館でタダで借りた本のほうが良いです。
その理由は、
サクッと読めることです。
本って全部のページをしっかりと読む必要ってないと思うんです。
本当に重要なことや自分が求めている情報、頭にインプットできる情報って本の中のごく一部。
だけど千円、二千円する本を買った場合、大事にしっかりと読みますよね。
時間の無駄だと思うんですよね。

しかし、図書館でタダで借りた本ならタダなのでしっかり読まなきゃいけない義務感みたいなのがないわけですよ。
そうすると効率的な読み方ができるんですよね。
具体的に説明すると、
①目次を読んで目次から自分が気になったタイトルを見つけます。
②余談や関係のないストーリーは流し読み。本題の部分のみしっかりと読む。
③ポイントとなる部分をノートに書き写す。(全文ではなく要約する)
④読み終えたら、ノートの要約した箇所から自分の考えを広げて書き出す。

これをタダで借りた本で実行するとタダから価値のあるものが生まれますよね。すごくおすすめです。

そして、2周間で10冊借りれるのですが、
この読み方なら全然10冊読み終えられます。

本屋で購入したしっかり読書なら無理だし、コストもばかにならないですよね。

起業するまえの期間、自分のモチベーションの維持と正しい行動をしていくには、とにかく情報だと思います。

冒頭でも書いたようにインターネットの情報だと振り回される可能性が高いので本から情報を得ることをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です