成功者がランニングを日課にするワケ【脳にもたらす効果が凄すぎる】


ランニングなどの有酸素運動が脳に良い影響を与える、ということはなんとなく聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

では、実際にどれほどの人がランニングを習慣に取り入れているでしょう?

多くの成功している経営者などがランニングを一日の習慣に取り入れています。

実は、ランニングには想像以上に脳にもたらす効果が多くあり、脳力を大幅にあげてくれるのです!

なぜなら、様々な大学の研究でランニングは、問題解決能力、記憶力、学習力、集中力、パターン認知能力、感情の調整などを高めてくれるということがわかっています。

この記事では、ランニングがもたらす脳への効果を具体的に解説していきます。

MEMO
この記事を読み終えると、ランニングをすることでどのような効果が脳に影響し、成功者たちがランニングを一日の習慣に取り入れている理由が明確にわかります。

ランニングが脳にもたらす効果は計り知れない

ランニングが脳にもたらす効果

ランニングの効果① ランニングで年収があがる!?


トロント大学のリチャード・フロリダ教授の調査によると、18歳から34歳の年収750万以上の人たちの運動をする頻度は、年収300万円以下の人たちと比べて2倍と報告されています。

そして、ランニングが脳に与える効果を知ればこの結果に納得するでしょう。

ランニングで鍛えられる脳の場所は、海馬、前頭葉、側頭葉、頭頂葉です。

「海馬」記憶力、「前頭葉」は脳の司令塔として、集中力や計画力、発想力、判断力、思考力などを司っており、「側頭葉」は、記憶力や情動に関わる機能と言語理解力を司り、「頭頂葉」は、計算力を司っています。

これだけでも、かなりのボリュームですよね。

ランニングをするとこの脳力が飛躍的に向上し、容量が増えると言われています。

さらに、オランダのライデン大学の研究によると、クリエイティブ・シンキングにまつわるテストを有酸素運動後に受けると、運動をしていないグループに比べて良い成績が取れるという研究結果もあります。

学生やビジネスマン、ランニングをしないわけにはいかないですよ!

ランニングの効果② メンタルにも良し!抗うつ薬並の効果

メンタル効果

ランニングの効果は脳力だけではありません。メンタル面にも良い影響があるのです。

ランニングをすることで、「セロトニン」が分泌され、安心感がたかまります。


「セロトニン」は幸せホルモンとも呼ばれ、心の安定に欠かせない脳内物質です。

そして、うつ病予防の薬に使われているγ-アミノ酸」の分泌も促されるため、心理的なストレスを低減させることができます。

カリフォルニア大学で行われた研究では、

大うつ病性障害と診断された50歳以上の156人の男女を3グループに分け、有酸素運動をするグループ、抗うつ薬を服用するグループ、運動と抗うつ薬を服用するグループで分けた。

運動は、16週間にわたって10分間の準備運動とウォーキングもしくはランニングを30分間、5分間のクールダウンが行われた。そして16週間後、3グループすべてにおいてうつ病の症状が同じ程度改善されていた。

仕事をしていると日々ストレスやプレッシャーに晒されている人も多いはずです。


特にモチベーションの維持はどの働き方をしている人にとって大きな課題です。

ランニングをすることでメンタル面の調子を整え、モチベーションの維持に大きく貢献することでしょう。

ランニングの効果③  ランニングで脳は若返る

脳は若返る

ランニングの3つ目の効果として、脳を若返らせることできます。

これはどういうことかというと、

ランニングをすることで脳の特定の領域で「ニューロン新生」というのが行われます。

これは、新しい神経細胞を形成することをいい、胎児や新生児の発達段階での脳でしか起こらないとされていました。

しかし、ランニングをすることで成熟した大人の脳でも起こることが認められました。

実はほかにも、学習やセックスがニューロン新生を活性化させるとも言われています。

このニューロン新生が起こるのが海馬です。

海馬は短期記憶や長期記憶、空間ナビゲーション、感情の調整などの働きをしています。

年を重ねると記憶力が低下するとよく言いますが、ランニングをすることでそれを防ぐことができます。

効果的に脳を覚醒させるランニング法

脳を覚醒させる

早朝ランニングの効果


では、実際にランニングを習慣化させるうえで、ランニングは早朝に行うことをおすすめします。

理由は、朝の日光を浴びることは体内時計のリズムを整える効果があります。

さらに、さきほど解説したランニングによる「セロトニン」の分泌ですが、セロトニンは朝の日光を浴びることでも分泌を促すことができます。

実際にAmazonのジェフ・ベゾス氏も早朝にランニングを日課に取り入れていますよね。

早朝


早朝の日光の中、ランニングをすることでセロトニンを分泌させて最高のメンタルの状態を作り出し、なおかつ脳のパフォーマンスを最大限に引き出した状態で、一日を迎えることができます。

最高の状態で会社に出勤することになりますよね。

ランニングは是非、早朝をおすすめします。

毎日違うルートをランニングして脳トレ効果

さらに、記憶力を鍛えるためのランニングとしてルートを毎日変える。もしくは、定期的に変えることです。

ここまでランニングの恩恵を受けておいてさらに効果を上げようなんて欲張り過ぎかもしれませんが、せっかくなので最大限に恩恵を受けたいですよね。

毎日同じルートで走るのではなく、違うルートで走り、通ったことのない道なんかもルートに使いましょう。

ポイントは予めルートを決めないことです。

走りながらルートを決めるようにしましょう。

脳が刺激を受け、さらに海馬を鍛えさせてくれます。

ランニング後のクールダウンも忘れずに

ランニング後にきちんとクールダウンをしていますか?

走った直後は少しずつペースダウンをし、最後に軽いストレッチを行って体を休めましょう。

筋肉に溜まった血液を循環させ、脳に血が戻り、鋭い思考が生まれやすくなります。

適切に体を整えることでベストな状態を維持できます。

クールダウンを怠ったり、無理をしたりすると逆効果になることもあるので、準備運動やクールダウンもランニングの内と考えましょう。

ランニングによる脳の効果まとめ


【ランニングが脳にもたらす効果】

  • 記憶力向上
  • 集中力向上
  • 計画力
  • 発想力
  • 判断力
  • 思考力
  • 新生ニューロンによる記憶力向上

【ランニングがメンタルにもたらす効果】

  • ストレス低減
  • メンタルの安定
  • モチベーションの維持

【効果的なランニング法】

  • 早朝ランニング
  • 毎回ルートを変える
  • ランニング後のストレッチ


5 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です