音楽で勉強に集中したい人に使ってほしい「スピーカー」

音楽を聞きながら勉強に集中する人は多いかと思います。そんな方のために集中する環境を最大限に演出してくれるスピーカーをご紹介していきます。

音楽で勉強に集中したい人へ。

「ホワイトノイズ」を生み出すスピーカー

ホワイトノイズスピーカー

人が集中するためには静かすぎるのもダメですし、うるさすぎるのもダメです。


ホワイトノイズとは人が集中するために丁度いい雑音のことです。


「LectroFan micro」
はそのホワイトノイズを発生させて快適な空間を作り出します。

ストックホルム大学の研究では、このホワイトノイズがリラックスや集中力アップに効果があることが研究によって証明されています。

ホワイトノイズの種類は全部で10種類あり、同じのノイズを繰り返すのではなく独自のアルゴリズムで常に新鮮な音を発生し続けます。

もちろん普通のBluetoothスピーカーとしても使えます。

「心地よい光」で演出するスピーカー

光と音で落ち着いた雰囲気を演出するソニーのグラスサウンドスピーカー「LSPX-S2」

音の振動を有機ガラス管に伝えることによって、目の前で生の演奏が行われているようなリアルな音を生み出します。

そして、その場の雰囲気に合わせて32段階の調整が可能なキャンドルのような光も特徴的です。

音と光

音楽とともに優しい光が灯ることで、ご自宅でもカフェやバー、ホテルで味わうようなリラックスできる時間を気軽に実現できます。

「インテリア」としておしゃれなスピーカー

スピーカーには見えないインテリアとしておしゃれな「BeoPlay A6」。

立てても良い、壁にかけて良い、置き方は様々です。

見た目だけでなく使い勝手もとても良く、音量調整やミュート、曲の変更を触れるだけで操作ができてしまいます。

生地は、デンマークの世界的テキスタイルメーカーのクヴァドラ社により作られたもので肌触りも良好。

カラーは、ライトグレー、ダークグレー、ダークローズ、ダスティーブルーの計4色あります。

なぜ音楽で勉強に集中できるのか

音楽で勉強に集中できるのは事実

音楽で勉強や仕事に集中できるというこは科学的にも証明されており、「音楽が脳に与える効果は絶大である」としています。

集中するために無音で勉強をしようとする人がいますが、これは逆効果で静かすぎても集中はしにくくなってしまいます。

九州産業大学の研究で文書編集作業を音楽を聞きながら、ラジオを聞きながら、無音での3つのグループ分けて作業してもらいました。

その結果、音楽を聞きながら作業したグループは20%作業効率があがり、ラジオは変化なし。無音の場合は、作業効率が低下したという実験結果がでています。

集中力だけでなく記憶力もUP

音楽の効果は集中力をアップさせることだけでなく適切な音楽を聞くことで「記憶力」を高めることも研究によってわかっています。

ジョズ・ホプキンス大学の研究者は大学や学生たちに積極的に学習させ、記録力を向上させ、集中力を増加させるためにも教室に音楽を持ち込むことを提唱しました。

幼児教育や小学校では学習する内容にメロディーや歌をよく使いますよね。そのメロディーや歌は簡単に思い出すことができます。

学習に音楽を組み込むことによって、集中力が高まり、集中力を長時間維持することができるようになります。

どんな音楽が効果的なのか

では、どんな音楽が勉強や仕事に集中するのに適切なのでしょうか?

集中するのに良いとされる曲はクラシック、アンビエント、ヘビメタです。

さらに別の研究では、「聴いたことがある音楽を選ぶといい」という研究もあります。

有名な曲を被験者に聴かせたところ、サビの直前にモルヒネの5倍から6倍の鎮痛効果があるエンドルフィンという神経伝達物質の発生が確認されたそうです。

サビの直前というタイミングにポイントがあり、「これからサビだ」ということがわかることによって脳が活性化したという実験です。

ですので、勉強のときだけクラシックを聞くのではなく、普段からクラシックを少し聞くようにして自分が好きなクラシック曲のプレイリストを作っておきましょう。

そして、その曲を知ることによってさらに高い集中力を得ることができるでしょう。

さらに、今回ご紹介した雰囲気を演出するスピーカーを活用することで集中力、記憶力の両方を極限まで高め、効率的な勉強を実現することが可能になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です