引きこもりの圧倒的強み

今自分が引きこもっていて、これから自分はどうしたらいいんだ、どんどんできる仕事がなくなっていくのではないか、焦りや自己嫌悪、不安など色々な感情が渦巻いている方も少なくないと思います。
「引きこもり」というとネガティブな意味として捉えがちですが、そんなこともないということをお伝えします。

自由に使える時間を誰よりも持っている

学校にも属しておらず、仕事にも就いていない。ということは自由に使える時間を誰より多く持っているということです。
その状況は誰よりも勝っているものだと思います。

ただし、その時間はただ浪費するのではなく、今自由に使えるボーナスタイム中はとにかく自己投資に使うべきです。

好きなだけ、引きこもっていて良い。ただ、時間を自己投資にひたすら注ぎ込む。

好きなゲームや趣味に没頭したいと思うかもしれませんが、今は好きなこと2割、自己投資8割くらいにするべきです。
例えば、
・英語や中国語など外国語を学ぶ
・プログラミングを学んでスキルをつける
・投資を学んでみる
・ジムに通って鍛えてみる
・資格取得を目指してみる
なにを学べばいいか悩んだとしてもそこまで考えなくても大丈夫です。
重要なのは行動することが大切なので、
もし、なにか始めてみてやっぱり違うな、と思ったら違うものに切り替えても良いです。
ただし、辞めるのではなく、変更する、にしましょう。
辞めてから次なにをするか考えると習慣化されなくなってしまうので。
今の時代、あらゆることがオンラインで学べる時代なので自宅でも気軽に学習ができるはずです。
むしろスクールに通うよりも良質な授業を提供しているところも多くあります。

合格率88.9%のE資格試験対策講座をオンライン化【iStudyACADEMY】

オンラインで英語を学ぶ

tech boostオンライン

Udemy

時間を投資できている人は少ない

仕事をしている人でもなにか学習をしている人もいます。
しかし、仕事をしながらなのでせいぜい一日1~2時間程度だと思います。
一日の大半を占めている仕事をしている時間ですが、時間を無駄にしている人が非常に多いです。
本当に大切なことをしている時間は2~4時間くらいだと思います。
それ以外の時間は別にサボっているとかではなく、無駄に長いミーティングだったり、実はそこまでやる必要性はないけど上司に言われたからとりあえずやっている仕事だったり、、、
それに比べて引きこもりの人は通勤時間もなければ、指示を出してくる人もいません。

自分で自分の人生のために必要なものはなにかを考えて、それにたっぷり時間を注ぎ込めます。
最終的にそれでお金が稼げるようになって、自分のお金で生活ができるようになれば、どんどん生活が楽しくなってくるはずです。

忘れてはいけない大切なこと

とはいえ、今現状は家族に養ってもらって生活をしているからこそ自由な時間を持てているというのは事実です。
そこに感謝がなくなってはいけません。
なかには親との関係がものすごく悪い人もいるかもしれませんが、それでも養ってもらっている以上感謝すべきです。

先程の自由に使える時間のうち1時間でも、30分でも自分以外の誰かのために使う時間も確保しましょう。
難しく考える必要はなくて、例えをだすなら
・トイレ掃除をする
・ウォーキングがてら町のゴミ拾いをする
・お風呂掃除をする
・雑草抜きをする
などでも良いと思います。
人のために行動する、すなわち人から感謝されることする、ということも一つの自己投資です。
続けていくことで人から必要とされる人間になっていき、自分の心が満たされていきます。

そうすることで、自分で学んで身に付けたスキルと人から感謝されることで生まれた喜びが合わさって、自分が人の役に立てることが生まれ、その人の生き方ややりたいことが見つかっていくと思います。

お金は使わなければ勝手に貯まっていきますが、
時間は使わなければどんどん過ぎ去っていきます。
とにかく行動しましょう。
働いている人の倍以上、自分のために時間を使えるのですから、
知識やスキルをどんどん身につければ働いている人以上の人材にもなれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です