【初心者】ブログの文章構成はこの3つの手順!【簡単解説】

ひきこもり支援の種類

「ブログを書く時に手が止まってしまう」
「どのように文章を書いていいかわからない」
「自分の文章に自信がない」
こういったブログ初心者の悩みを解決します!
ブログの文章構成を作る手順は下記のとおりです。
・悩みの明確化
・リサーチ
・型にはめる
この手順でブログの文章構成を考えるだけで、3000文字に5時間かかっていたのが4000文字3時間に短縮されました。
もちろん文章の質は下がっていません。
このように正しい文章構成の作り方を知ることで、
・ブログの文章がスムーズに書ける
・読者にとって読みやすい文章が書ける
・読者が満足できる文章が書ける
こういったメリットがあります。

ブログの文章構成はこの3つの手順

ブログの文章構成はこの3つの手順

ブログの文章構成は下記の手順で作っていきます。
・悩みの明確化
・リサーチ
・型にはめる
悩みの明確化をするには、まずキーワードを決める必要があります。
どのキーワードを狙って記事を書くのか。
そのキーワードで検索する人はどんな悩みを抱えているのか。
次に、その悩みを解決するための情報をリサーチしてまとめます。
そのまとめ情報をブログ記事の型にそって情報を埋めていきます。
以上がざっくりとしてブログの文章構成の作り方です。
では、詳しく解説していきます。

ブログの文章構成の準備:悩みの明確化

ブログの文章構成の準備:悩みの明確化
ブログの役割は、有益な情報を提供することです。
なので、読者の悩みは一体どんな悩みなのかを明確にする必要があります。
まずは悩みを明確にする手順を解説していきます。

キーワードから悩みを推測する

まずブログ記事を書く時に最初に決めなくてはならないのキーワードです。
例えば、「ヒゲ 脱毛」というキーワードについてブログで文章を書くとします。
その場合、「ヒゲ 脱毛」で検索する人の悩みは何でしょうか?
考えられるのは、
・ヒゲが濃くて悩んでいる
・カミソリ負けで肌が荒れている
・ヒゲを剃る時間が煩わしい
という悩みですよね。
だから、ヒゲ脱毛の情報が知りたい、そのうえで脱毛するか考えたいといった感じではないでしょうか?

注意点

「ヒゲ 脱毛」というキーワードだから、知りたいことはヒゲ脱毛のやり方や金額などだろうと推測することも可能です。
しかし、それは本質的な悩みではないので読者目線での文章構成にならない可能性があります。

例えば、カミソリ負けで肌が荒れている人がヒゲ脱毛をした場合、肌へのダメージは大丈夫なのだろうか。
ストレートにヒゲ脱毛の情報だけ掲載してもこういった不安への情報が漏れてしまいますよね。
なので、読者目線で本質的な悩みから考える必要があります。

悩みのイメージが難しい場合

キーワードによっては悩みの明確化が難しい場合があります。
例えば「おすすめ スニーカー」って漠然としすぎていて悩みをイメージするの難しいですよね。
安いスニーカーを探しているか、トレンドのスニーカーなのか、プレゼントしたいのか、、、
なかなか難しいです。
その場合は、キーワードを絞ります。
例えば「おすすめ スニーカー 安い」とか「おすすめ スニーカー 合わせやすい」などキーワードの組み合わせで悩みが絞られてきますよね。
relatede-keywordsというツールを使うとキーワードの組み合わせを調べることができます。
あとは、先程の手順と同じです。

ブログの文章構成の内容をリサーチする

ブログの文章構成の内容をリサーチする

悩みを明確にしましたので、次にその悩みを解決するための情報をリサーチします。
リサーチするときに意識することは「誰になにを」伝えるのか。

「誰に」伝えるのか

ブログの文章構成を作る際に最も重要なのが、「誰に何を」です。

誰に向けて書いているのか、何を伝えようとしているのか、
これを明確にする必要があります。
先程のヒゲ脱毛に関する悩みも、対象が大学生なのか30代の会社員なのか、それぞれ悩みが違いますよね。
例えば大学生ならヒゲ脱毛したくてもお金がないという二次的な悩みがあるかもしれません。
30代会社員なら子供に「パパのヒゲきたなーい」と言われて落ち込んでいるかもしれません。

このように読者像によって悩みが枝分かれします。

なにを伝えるのか

次に、その人になにを伝えるべきなのかを簡潔に明確にしましょう。

ポイントは1記事で1テーマです。
なので、1記事でいくつものことを伝えようとせずに1つのことに絞って伝えるようにしましょう。
例えば、「ヒゲ 脱毛」というキーワードで伝えるなら、

「ヒゲ脱毛のメリットとデメリットを伝える」
みたいな感じです。
なぜなら、このキーワードではまだヒゲ脱毛をすること決意はしていません。
情報が知りたい段階なので、情報を与えることにフォーカスします。
もしこれが、「ヒゲ 脱毛 おすすめ」とかならばヒゲ脱毛のおすすめのクリニックや方法を伝えるといいです。
ヒゲ脱毛をすることを決意して、行動したいという人が多いからです。

リサーチの仕方

情報を調べる時の手順は、
・メインキーワードを抑える:「ヒゲ脱毛」
・悩みからキーワードを抜き取る:「お金」
・キーワードを組み合わせて検索する:「ヒゲ脱毛 お金」
このように検索してリサーチします。

ADIMAを活用してみる

マーケティングにAIDMAというフレームワークがあります。
・Attnetion:知る
・Interest:興味を持つ
・Desire:欲しいと思う
・Memory:記憶する
・Action:行動する
上から順に人は行動をして、最終的にサービスを受けたり物を買ったりするという流れです。
このフレームワークにキーワードを当てはめみましょう。
・Attnetion:「ヒゲ 脱毛」
・Interest:「ヒゲ 脱毛 費用」
・Desire:「ヒゲ 脱毛 おすすめ」
・Memory:「ヒゲ 脱毛 エステ」
・Action:「ヒゲ 脱毛 湘南」
といった感じになります。
こうすることで、読者の悩みが今どの段階のものなのかが可視化されて文章構成を考える際に約に立ちますよね。

情報をブログの文章構成の型に入れていく

情報をブログの文章構成の型に入れていく
ブログの構成を分解すると下記のとおりになります。
・導入文(リード文)
・見出し/目次
・小見出し
・本文
・まとめ
ブログの文章構成を考える時の順番は、
・見出し/目次
・小見出し
・本文
・まとめ
・導入文(リード文)
という順番で文章構成を考えていきます。

見出しの作り方

見出しがブログ記事全体の骨組みになります。
先に解説した、「なにを」伝えたいかをまず書きます。
「ヒゲ脱毛のメリット・デメリット」だとしたら、その内容を箇条書きしてみま
しょう。
メリット
・髭を剃る手間がなくなる
・肌が綺麗になる
・シェーバー代が浮く
デメリット
・初期費用が高い
・通うわなきゃいけない
・気が変わってもヒゲを生やすことができない
※これは僕のイメージです。僕自身はヒゲ脱毛したことはありません。
このように箇条書きにしたとします。

この箇条書きにしたものが見出しになっていきます。

小見出しの作り方

先程、箇条書きした見出しの要素をまた箇条書きしてみます。
例えば、「髭を剃る手間がなくなる」という見出しに対して、
・年間でヒゲ剃りにかける時間をだしてみた
・脱毛してから朝の時間でできるようになったこと
みたいな感じです。

本文の作り方

次に本文の文章構成の作り方です。

これはPREP法が最強です。
主張・理由・具体例・結論
という順番で書いていく手法です。
これはブログ記事以外にも応用できるので身に付けておいて損はありません。
例えば、
主張:ヒゲ脱毛すると朝の時間に余裕ができる
理由:ヒゲを剃る時間が節約されるから
具体例:1日15分ヒゲ剃るとしたら、年間で91時間=約4日間の節約になる
結論:ヒゲ脱毛をするだけで年間で91時間の節約になる
こんな感じです。
すごくわかりやすい文章構成を作ることができます。
僕はブログを始めた最初の頃からPREP法で書いているのでかなり慣れてきました。
とてもおすすめです。

まとめの作り方

結論を箇条書きにして内容を要約します。
そして最後に、フォローやシェアなどの行動を促すと良いです。

導入文(リード文)の作り方

導入文では、下記のような文章構成で文章を作ります。
・問題提起
・解決策(結論)
・信頼性
例えば、
・ヒゲ脱毛は費用が高くて手が出せない、と悩んでいませんか?
・実は、高い費用をかけなくてもできる脱毛方法があります。
・実際に僕もこの方法で脱毛をしましたが全く問題ありませんでした。(写真も掲載します)
こんな感じです。

ブログの文章構成の作り方まとめ

○悩みの明確化
 ・キーワードから悩みを推測する
 ・人物像をイメージする
 ・難しい場合はキーワードを絞る
○リサーチ
 ・誰に何を伝えるのかを明確にする
 ・AIDMAを活用する
○型にはめる
 ・見出し→小見出し→本文→まとめ→導入文の順に作る
 ・本文はPREP法
 ・導入文は問題提起→解決策→信用性
あとはめげずに記事量産有るのみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です