ブログに文章力は不要は嘘。【理由と解決策を解説】

ブログが読まれない理由

「ブログを始めてみたけど記事を書くのがかなり大変」
「ブログって文章力は必要なの?」
といった悩みや疑問に答えます。
結論を先にいうと「文章力は必要です」
しかし、文章力は伸ばすこともできますし、文章力がなくても記事を書く方法は存在します。
僕もブログを始めて最初の1ヶ月目なんかは1記事かくのに4~5時間かかっていました。
今は2時間程度で作成することができています。
この記事では、
  • 文章力とはなにか
  • ブログでの文章力
  • 文章力の伸ばし方
を解説していきます。

ブログに文章力が必要である理由

ブログに文章力が必要である理由
よく「ブログを始めるのに文章力は必要ない」みたいな文言を目にします。
しかし、ブログには文章力は間違いなく必要です。
その理由について解説していきます。

不要な訳がない

ブログは文章で情報を伝えるものなので、文章力が必要です。
ブログによくある種類は2つで、雑記型ブログと特化型ブログと言われるもの。
雑記型の内容はわりと、個人の感想や意見が多く、
特化型の場合は、感想や意見もありますが解説やまとめ記事なんかもあります。
これらをブログ記事の種類としてまとめるとこんな感じです。
・解説系
・主張系
・感想系
・まとめ系
これらの記事を3000〜4000文字程度にまとめるって文章力がないとできないですよね。
例えば、学校で作文用紙10枚に読書感想文を書きなさい。と言われたとします。
それをすぐに作成できてなおかつ人に読まれる感想文を書くってハードル高いですよね。
なので、文章力が必要ないという感覚でブログを始めると挫折します。

なぜ不要と言われているのか

では、なぜ「ブログには文章力が必要ない」と言われているのでしょうか?
理由は2つ。
・型に沿って書けばそれなりの文章になる
・文章力は伸ばしやすい
この2つです。
さらに、型に沿って記事を書き続けることで文章力が伸びていく、という流れです。
つまり、文章力がなくてもブログを書き続けることが上達の近道ということです。

そもそも文章力とは

では、文章力とはなんでしょうか?
こちらの記事で書かれている内容が素晴らしかったので引用します。
1.語彙力:最も効果的な言葉を選び出せる能力
2.表現力:言葉の組み合わせ方、装飾力も含む文に関する能力
3.構成力:分の順番や筋道立てて説明できるか文章全体を管理する能力
4.説得力:言いたいことが伝わっているか文章の論旨を伝える能力
5.魅力 :読みたくなるような文であるか文章を読ませる能力
6.生産力:文章を量産できるか文を生み出す能力
この6つが文章力だと言われています。

ブログでの文章力

上に6つの文章力についてあげましたが、種類によって重視される文章力に違いがあります。
例えば、
Twitterなら、説得力が重視され、魅力はそこまで重視されないでしょう。
なぜなら140文字程度なら読ませなくても読める量だからです。
しかし、140文字という制限の中で的確に伝える必要があります。
本の場合なら、構成力や生産力が重視されます。
では、ブログはなにが重視されるかというと表現力と説得力です。

ブログは読まれない

ブログで表現力と説得力が重視される理由は、ブログの文章は読まれにくい、という理由があります。
ブログを読みに来る読者は見出しや目次をサッと見て、気にあるところがあればそこで読む。みたいな読み方が多いです。
特にキーワード検索から来ている人はそういった読み方が多いです。
なぜならキーワード検索をしている時に欲している情報というのはだいたい明確になっており、読者はその情報を探しているだけであって、ゆっくりと文章を読むために検索しているわけではないからです。
なので、ブログでは伝えたいことを明確にわかりやすく文章を作り、さらに読みやすいように表現を装飾する必要があります。

日本人の読解力問題

最近、ニュースや記事で日本人の読解力が世界的に見てもかなり低いということを目にしたり耳にしたりしました。
確かに日本人の読解力はかなり低いと思います。
しかし、ここで読解力の低さの原因を議論してもしょうがないので、この記事では読解力の低い人達にも読んでもらえるような文章を作る必要がある、ということだけ認識しましょう。
では、文章力のない人が読解力のない人に理解してもらえるような文章を書くにはどうしたら良いのでしょうか?
解決策は2つあります。
・シンプルに文章を書く
・型に沿って文章を書く
この2つです。

シンプルに文章を書く際の注意点

ブログ初心者でありがちなのが文字数を気にして書くことです。
文章力が十分にない状態で文字数を多く書こうとするとどうしても、不要な情報や文章を入れてしまいがちです。
そうなると余計わかりづらい文章になり読者からするとわかりづらいし読みづらいです。
ですので、最初のうちは文字数を書くことよりもわかりやすくシンプルに書くことに集中すべきです。

シンプルな文章を書く方法

先程、解決策は2つあると言いました。
実際にこの2つは1セットと考えていいと思います。
なぜならシンプルな文章を書くためには型に沿って書くことが一番簡単な方法だからです。
その型とは、「PREP法」です。
主張・理由・具体例・結論
という順番で文章を書く方法です。
主張:○○は□□である。
理由:なぜなら○○だからです。
具体例:例えば○○。
結論:なので、○○は□□である。
という感じです。
すごくシンプルでわかりやすい文章です。
まずはこの型にそって書きつつ文章力を高めていき、慣れてきたら型を崩してみるのもアリです。

ブログで文章力をつける方法

ブログで文章力をつける方法
文章力を構成する6つの能力をさきほど紹介しました。
・語彙力
・表現力
・構成力
・説得力
・魅力
・生産力
これらを高めるための具体的な方法を解説していきます。

語彙力の高め方

語彙力の高め方はこちら。
・辞書で類義語を調べる
・辞書で対義語を調べる
・新聞を読む
この3つです。
辞書やアプリなどを使って対義語や類義語を調べると一度に多くの単語が出てくるので、効率的に言葉を知ることができます。
なおかつ、自分が使いたい単語がしっくりこない時など、類義語を調べるとしっくりくる単語が見つかったりします。
タイトル作成の時に役に立ちます。
新聞は本やブログ記事と違って使われている言葉の種類が豊富なので語彙力を高めるためには本よりもブログよりも新聞がおすすめです。

表現力と構成力と説得力の高め方

これら3つの高め方の手順はこちら。
・トップの文章構成を分析する(内容は読まない)
・真似して文章を書く
・自分の文章を読む
・要約してツイートする(140文字以内)
この4つ。
トップは誰でもいいです。
ブログで有名なのは、
あたりかと思います。
文章の内容ではなく構成を読みましょう。
主張、理由、具体例、結論、提案、問題提起、共有などなど
どのような文章構成になっているか、順番はどうか、など。
ある程度分析すると気付きがあり自分の強みになります。
その構成を真似して文章を書いて、自分の文章を2,3度読み返してみます。
最後に140文字以内で要約ツイートすることで説得力を高めます。

魅力の高め方

魅力の高め方は、自分の強みを把握すること。
しかし、自分の強みを明確に答えられる人ってわりと少ないですよね。
自分の強みの見つけ方は、
自己洗脳と公言することです。
ストレングスファインダーのような自己分析ツールを使って自分の強みを出したら、それを完全に信じ抜きましょう。
そして、それが強みであることを人に言いふらします。
シンプルにこの方法が最速で自分の強みを見つけて強みを高める方法です。
詳しく解説するとこの記事の主旨から逸れてしまうので割愛しますが、実践してみてください。

生産力の高め方

生産力の高め方の合言葉は「質より量」。
その量とは、
・インプット
・アウトプット
この2つの量をどれだけ毎日多くできるか。
どちらか片方に偏ってもダメです。
両方バランスよく、です。
なにからインプットするか、
どこへアウトプットするか、
ルーティン化してしまうといいでしょう。

ブログの文章力の高め方まとめ

初心者のうちは、

文字数を気にせず、型に沿ったシンプルな文章を書くように心げける。

文章力の高め方は、

・語彙力
・辞書で類義語、対義語を調べる
・新聞を読む

表現力・構成力・説得力

・トップの文章構成を分析する(内容は読まない)
・真似して文章を書く
・自分の文章を読む
・要約してツイートする(140文字以内)

魅力

・自分の強みを信じ抜く
・他者へ公言する

生産力

・質より量
・インプットとアウトプットの量を意識する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です