【脱初心者】ブログでSEOに強い記事を書く「10のポイント」

ひきこもり生活で気をつけるべきこと

「ブログ記事の更新を続けているけどアクセスが伸びない」
「ブログでSEOに強い記事の書き方を知りたい」
「SEOって専門的で難しそう」
 
 
と悩んでいませんか?
 
 
僕もブログを始めた当初、SEOを意識せずにただ記事を量産する、みたいなことをしていました。
 
もちろん全く検索順位があがりませんでした。
 
SEOに強い記事を書くには、
 

  • 読者が知りたい情報を入れる
     
  • キーワードを狙って書く
     
  • クローラーにわかりやすいように書く
 
 
この3つです。
 
こちらの記事では上の3つを10個のポイントに分けて解説しています。
 
 
実際に僕もこの10個のポイントを意識して記事を書いています。
 
 
ポイントを抑えてSEOに強い記事でアクセスを増やしてみましょう!
 
 

ブログでSEOに強い記事を書く10のポイント

ブログでSEOに強い記事を書く10のポイント
ブログでSEOに強い記事を書くポイントは下記の10個。
 
 
  • 1記事1キーワード
  • タイトルにキーワードを入れる
  • ディスクリプションにキーワードを入れる
  • 見出しにキーワードを入れる
  • 本文はわかりやすく適切な文字数で
  • 信頼性のあるサイトを引用する
  • 画像にalt属性を記述する
  • 動画やツイートを挿入する
  • 関連する記事を内部リンクする
  • リライトをする
 
 
この10個を適切に意識することで読者にとって有益な記事を書くことができてSEOに強い記事になります。
 

1記事1キーワード

1つの記事には1つのキーワードのみにしましょう。
 
複数入れてもSEOには意味がないし、逆効果です。
 
 

「内容を深堀りする」

 
 
1つのキーワード(テーマ)で良質なコンテンツ(記事)を書くには内容を深堀りする必要があります。
 
そのキーワードについて網羅的に情報を入れることで、内容が散漫にならずにまとまりのある記事になります。
 
 
 

「上位サイトを調べる」

 
 
情報を網羅的に捉えるにはそのキーワードで検索上位を取っているサイトを参考にしましょう。
 
  • 上位5つつくらいを読み込む
  • どのような内容が盛り込まれているか
  • 5つのサイトに不足している情報はなにか
 
を調べます。
 
検索上位に表示されているということは検索意図を的確に捉えている内容である可能性が高いからです。
 
 
検索意図についてはこちらの記事が参考になります。
 
 
 
読者が求めている情報をまとまりのある内容で記事にしましょう。
 

タイトルにキーワードを入れる

シンプルですが、選んだキーワードは必ずタイトルに入れるようにします。
 
 
この記事なら「ブログ SEO 強い」が狙っているキーワードなので、
タイトルにこのキーワードを入れています。
 
そして、キーワードはタイトルの左の方、つまり前半部分に入れるようしましょう。
 
 
SEO的にも大切ですが、そもそも検索表示ではタイトルが表示されるのにキーワードが入らずになにが入る??
 
 
検索表示されてもクリックしてもらえなかったら記事は読まれません。
 
 
そのキーワードを入れるということは、その内容が書かれている記事ですという表示にもなります。
 
 

ディスクリプションにキーワードを入れる

検索画面でタイトルの下に表示されるのがディスクリプションです。
ここにもキーワードを入れるようにしましょう。
 
検索したときにそのキーワードが太字で表示されるようになります。
「メンズ 脱毛 おすすめ」で検索するとこのように表示されます。
 
検索結果
 
これも読者にとって検索したキーワードに関連する内容が含まれているということを伝えることに繋がります。
 

見出しにキーワードを入れる

これは重要なので必ず抑えておきましょう。
記事中の見出し、H2やH3といったタグのことですね。
 
ここにもキーワードを入れるようにしましょう。
 
注意点は、不自然にならないこと。
 
 
◯→メンズ脱毛のおすすめサロンの人気ランキング
×→メンズ脱毛のおすすめ「メンズ脱毛おすすめランキング」
 
 
無理にキーワードを入れすぎたりすると意味がわからない見出しになりSEO評価も下がります。
 
不自然になるようなら入れないほうがいいです。
 

本文はわかりやすく適切な文字数で

ブログ記事のメインコンテンツは本文ですよね。
 
わかりやすく適切な文字数で書くことが重要です。
 
文字数の目安は最低3000文字は欲しいです。
 
わかりやすい文章についてはこちらの記事で解説しているので読んでみてください。
 
 
 
文字数は多ければいいということはないです。
 
文字数が多い場合は、情報が散漫にならないように注意して読者が疲れないように工夫する必要があります。
 
 
文字数が少ない場合は、情報が不足してる可能性があるので必要な情報量が盛り込まれているか確認する必要があります。
 

信頼性のあるサイトを引用する

Googleの検索品質評価ガイドラインというものがあります。
 
 
 
 
要するに検索順位をつけるためのWebサイトを評価する指標です。
 
そこにE-A-Tというものがあります。
 
Expertise:専門性
Authoritativeness:権威性
Trustworthiness:信頼性
 
 
情報元に参考に引用元サイトをリンクしたりします。
 
しかし、このリンク先はなんでも良いわけではなく信頼性のあるサイトを選びリンクするようにしましょう。
 
信頼性の調べ方に「ドメインパワーを調べる」という方法があります。
 
こちらのサイトで調べたサイトのURLを入れることで調べることができます。
 
 
 
Webサイトの信頼性は一般人にはあまり見分けがつかないと思いますが、Googleにはこういったドメイン評価などで判断することができます。
 
もちろん内容も確認する必要はありますが。
 

画像にalt属性を記述する

alt属性というのは画像の説明書きのことです。
 
WordPressでは「代替えテキスト」と表示されていたりします。
 
画像を入れる場合は、その画像がなにを表しているのかを要約したものを記述します。
 
見出しの下に入れるような画像の場合、見出し文をそのまま記述します。
 
この理由は、GoogleのクローラーというWebサイトを評価するロボットみたいなのが画像の内容までは認識できないからです。
 
なので、テキストで説明を入れます。
 

動画やツイートを挿入する

記事の内容に関連するツイートや動画を挿入するのも効果的です。

ツイートの場合は著名人のツイートを情報の参考や根拠に使わせてもらったり、動画ではテキストでは伝えきれない部分やわかりやすさを補足する場合に使ったりします。

特に動画は記事の閲覧時間を長くする効果があるので効果的です。
 
できればその動画の概要も簡単にテキストで入れておくとなお良いです。
 
 

関連する記事を内部リンクする

ブログ記事をただ量産するだけでなく、執筆した過去記事などは内部リンクで繋いでいきましょう。
 
例えばこんな感じです。
 
内部リンク階層構造
 
「この記事を読んだら次はこうゆう内容が知りたい」というのをイメージしして関連する記事を内部リンクしましょう。
 
 
効果的に内部リンクが貼られていれば離脱率が下がりSEO評価にも繋がります。
 

リライトする

過去に書いた記事は定期的に見直してリライトしましょう。

リライトする主な内容は上記の9つのポイントが適切に記事に反映されているかです。

記事によっては、情報が更新されて古い情報のままになっている可能性もあります。
 
常に情報の鮮度を保つという意味でもリライトは必要です。
 
こちらに参考記事を貼っておきます。
 
 
 

SEOに強いブログ記事を書くための上達法

SEOに強いブログ記事を書くための上達法
ここまでブログでSEOに強い記事を書く10のポイントを解説しました。
 
初心者がさらに上達するためには「SEO慣れ」が大事だと思います。
 
 
SEO慣れするためには以下の2つが大事。
 

  • トップを徹底的に分析する
     
  • 反復学習をする
 
 

トップを徹底的に分析する

SEOの基本を理解したらあとはトップをひたすら分析することをオススメします。
 
本をひたすら読み漁っても中級者以上にはなれないです。
 
 
 

「トップの分析方法」

 
具体的な分析は以下の内容です。
 
  • タイトルの傾向
  • 内容・見出し
  • 文章構成
  • リンク・内部リンク
  • ドメインパワー
  • アクセス数
  • 流入キーワード
  • ライターやブロガーのSNSやYouTubeチャンネル
 
だいたいこんな感じです。
 
分析していると「これはどうなっているんだろう?」みたいな疑問がでてくることがあります。
 
その疑問は放置せず必ず調べましょう。
 
 
あとは、ブログ記事だけでなくそれを作成したブロガーやライターのSNSやYouTubeチャンネルもあれば調べましょう。
 
 
その人がどうゆう人物なのか、どうゆう思考をしているのかわかるくらい分析するのが重要です。
 

反復学習をする

SEOの勉強になる動画や記事は繰り返し見るようにしましょう。

特にYouTubeの有料版だと動画ダウンロードとバックグラウンド再生ができるので学習動画をダウンロードして「ながら視聴」で繰り返し聞いています。
 
特に参考になるのがこちらの動画です。
 
 
 
長時間動画ですがかなり有益です。
 
「ながら視聴」はかなり効果的です。
 
 
  • 運転中
  • 歩行中
  • 作業中
  • 入浴中
  • 食事中
  • 睡眠前
  • 運動中
 
 
音楽が好きで今まで音楽を聞いていた時間をすべて音声学習にしたところかなりインプット量が増えました。
 
効率的なインプット方法とツールはこちらの過去記事で紹介しています。

ブログでSEOに強い記事を書く方法まとめ

SEOに強い記事を書くポイントは、
 
  1. 1記事1キーワード
  2. タイトルにキーワードを入れる
  3. ディスクリプションにキーワードを入れる
  4. 見出しにキーワードを入れる
  5. 本文はわかりやすく適切な文字数で
  6. 信頼性のあるサイトを引用する
  7. 画像にalt属性を記述する
  8. 動画やツイートを挿入する
  9. 関連する記事を内部リンクする
  10. リライトをする
 
これらの基本を覚えたら、
 
  • トップを分析しまくる
  • 反復学習をする
 
 
 
ブログはSEOを意識するとより楽しくなります。
 
有益なコンテンツ作りに励みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です